CATEGORY

Driving Impression

monogressの自動車評価記事「Driving Impression」は、あらゆるクルマを独自の目線で感じ取り、贔屓目なしで評価して正攻法で文章に起こす。参考意見のひとつとしてお読みください。

  • 2022年3月7日
  • 0件

Peugeot 508 フラッグシップの責務と憂鬱

Peugeot 508 / 508SWは、プジョーDセグメント代表車かつフラッグシップだ。ファストバック/シューティングブレークというデザイン用語に、アクティブ・サスペンションというハイテク足回りまで兼ね備え、全てのプジョー車の求めるもの全てを手に入れたこのクルマは、一際満足度の高いクルマに仕上がっている。

  • 2022年1月31日
  • 2件

Peugeot308SW(T9)欧州一ワゴンの輝きは曇らない

Peugeot 308SW は、名門プジョーが販売する超戦略的Cセグメント実用ワゴン。美的センスに容赦しないフランス人のつくるフレンチワゴンには、ひたすらに乗る人の事を考え、クルマの将来を楽しむための要素が沢山詰め込まれている。

  • 2021年1月31日
  • 4件

偽りなしの自動車選び Peugeot SUV e-2008 GT Line

偽りなしの自動車選び。満を持して登場、電気自動車の Peugeot e-2008 をお届けします。インテリア・エクステリアは Peugeot 2008 にも当てはまるでしょう。電気自動車のフィーリング、いったいどのように感じたのか?それは、以外に新鮮味にかける印象でした。

  • 2020年11月18日
  • 6件

偽りなしの自動車選び Peugeot SUV 3008 GT Line BlueHDi

偽りなしの自動車選び。Peugeot のエースとなっている、Peugeot SUV 3008 のディーゼルエンジン搭載車、GT Line BlueHDi を吟味します。このクルマ、なにせ乗りやすくて快適です。その秘密は、なんといってもサスペンションセッティング。足回りに焦点をあてて、3008 を詳しくレポートします。

  • 2020年10月6日
  • 6件

偽りなしの輸入車選び BMW 218i GranCoupe M Sport

偽りなしの輸入車選び。久々の試乗は、自分のクルマに対する感覚が正しいのか確かめたかったため。BMW M218iはクルマを操る楽しさを前面に出す。おかげで、その他のところがオザナリになってしまうのだが(笑)

  • 2020年9月20日
  • 4件

偽りなしの輸入車選び Peugeot 508SW GT BlueHDi

偽りのない輸入車選び。Peugeot 508SW GT BlueHDi は、乗った第一印象は GTLine に負けていました。同じモデルなのに、なぜこれほどまでに差をつけたのか。私のインスピレーションは、プジョーの戦略へ思いをめぐらせます。508 シリーズ第二弾!

  • 2020年9月15日
  • 6件

偽りなしの輸入車選び Peugeot 208 GTLine

偽りなしの輸入車選び。2020年に日本に上陸した Peugeot 208 を紹介します。クルマの基本性能は直球スタンダートでありながら、プジョーらしい足回りと色気をしっかりとエッセンスに。だからこそ、若者と晩年夫婦にオススメしたいクルマです。

  • 2020年9月11日
  • 2件

偽りなしの輸入車選び Peugeot 508 SW GTLine

偽りなしの輸入車選び。Peugeot 508SW GTLine を紹介します。立派なボディであるにも関わらず、どうして1.6Lを積んでいるのか。それはステアリングを握ることで、わかるはず。私のおすすめする輸入車選びの真髄である「インスピレーション」をテキストで表現します。

  • 2020年9月4日
  • 2件

偽りなしの輸入車選び VOLVO V60 T5 Inscription

偽りなしの輸入車選び。今回はVOLVO V60。私の感じるV60の良いところをたっぷり書いて、その後ディスります。偽りなしだから仕方がないのです!いつまでも欲しい車、VOLVO V60 T5 Inscriptionを、しっかり心に焼き付けるのだ!

  • 2020年8月30日
  • 2件

偽りなしの輸入車選び Peugeot 308SW Allure 1.5L BlueHDi ディーゼル

Peugeot 308SW の試乗記気取りの紹介記事。いいところばかりを褒めまくるのではなく、本音で知って欲しい悪いところもしっかり示す、偽りなしのクルマ選び参考記事です。とりあえず 1.5L BlueHDi TECH PACK EDITIONではじめてみるのはもちろん、愛車だからですよ(^^)