CATEGORY

Driving Impression/自動車評論

monogressの自動車評価記事「Driving Impression」。

 

「偽りなしの輸入車選び/日本車選び」は、あらゆるクルマを独自の目線で感じ取り、贔屓目なしで評価して正攻法で文章に起こします。車選びの参考にどうぞ。

 

「MOTOR ARTS」は、自動車の良いところを書きまくる芸術作品を目指した記事。貴方と同じ感性が、きっと何処かに眠っています。

  • 2022年9月20日
  • 4件

【偽りなしの自動車選び】HONDA N-BOX EX SENSING

Driving Impression 初めての軽自動車として、HONDA N-BOXが登場。日本一の販売台数を誇るベストセラーカーの目指すものは「次世代のファミリーカー」。たくさん売れるにはわけがある? N-BOXを使っての横須賀までの6時間ドライブ。そこには確かに、人を中心とした考え方が散りばめられていた。

  • 2022年8月3日
  • 0件

過去と未来の架け橋に MINI CROSSOVER プラグインハイブリッド

こだわりのエクステリアやインテリアを楽しめるMINIにプラグインハイブリッドが合体。どんどん進化する電動化は、車に新しい価値観を与えてくれる。良し悪しはともかく環境や燃費を意識させる MINI CROSSOVER PHEVの狙いは、人のだらしなさを正せよと言っているのかもしれない。

  • 2022年8月1日
  • 0件

【偽りなしの輸入車選び】VW Golf Variant e-TSI Active

偽りなしの輸入車選び。Cセグメントの覇者 Volkswagen Golf Variant より、準ベーシックグレードの e-TSI Active を紹介します。過剰なまでに期待していしまうワーゲン・ゴルフの試乗だが、高い実力とは裏腹に疑問点もチラホラ。いったいどうして、こうなった?

  • 2022年5月22日
  • 0件

【モーター・アーツ】VW PassatAlltrack 4MOTIONは冒険への案内人

いつの時代も、自動車の標準をつくるのはフォルクスワーゲン、そんな神話が存在する。実際、Cセグメントはそのような勢いを感じられずにはいられない。ならば、Dセグメントはどうだろう?フォルクスワーゲン・パサートオールトラック。TDI、DSGに4MOTION。実利を追求しつした結果のひとつを、お届けする。

  • 2022年4月23日
  • 4件

【モーター・アーツ】mazda 3 輸入車超えの先陣をきり得る国産車

monogressに初参上の国産車、その栄冠は「mazda 3」だ。輸入車と比べても遜色ない乗り味、輸入車を超えたと言っても良いインテリアの高い質感。新時代の日本車は輸入車に勝るとも劣らない、と印象付けるにはもってこいのクルマになった。大人気 MOTOR ARTS に、久々の新作が登場です。

  • 2022年3月7日
  • 2件

Peugeot 508 フラッグシップの責務と憂鬱

Peugeot 508 / 508SWは、プジョーDセグメント代表車かつフラッグシップだ。ファストバック/シューティングブレークというデザイン用語に、アクティブ・サスペンションというハイテク足回りまで兼ね備え、全てのプジョー車の求めるもの全てを手に入れたこのクルマは、一際満足度の高いクルマに仕上がっている。

  • 2022年2月14日
  • 2件

【モーター・アーツ】VOLVO V40 妥協を捨てたコンパクト

例えコストがかかろうとも、妥協を忘れて開発する。リトル・ボルボをすべて背負ったコンパクトVOLVO V40は、コンパクトであるが故の、コストと品質との闘いを、敢えて自ら捨て去った。それが正解だったのかは、今もまだ判らない。

  • 2022年1月31日
  • 2件

Peugeot308SW(T9)欧州一ワゴンの輝きは曇らない

Peugeot 308SW は、名門プジョーが販売する超戦略的Cセグメント実用ワゴン。美的センスに容赦しないフランス人のつくるフレンチワゴンには、ひたすらに乗る人の事を考え、クルマの将来を楽しむための要素が沢山詰め込まれている。

  • 2021年9月1日
  • 0件

【モーター・アーツ】追憶のトランスミッション

モーターアーツを違う視点で書き綴る。今回は、トランスミッションを強く意識できるようなイメージテキスト。身の回りにいつもあるものは将来なくなるかもしれません。夏の終りのドライブは、少し違った視点で楽しむもう。

  • 2021年5月18日
  • 2件

【モーター・アーツ】新時代を選んだ秀作 Peugeot SUV 3008

総合力の高い Peugeot SUV 3008。このクルマは優秀である。秀でたものは決して尖らず、車の良さを高め合う。他のクルマをつまらない物にするPeugeot 3008 のデザインは、走りの実力を伴うからこそ輝ける。次の恋をするその日まで、愛せるクルマを持つ喜びを。さあ、Peugeot SUV 3008 を手にしよう。

  • 2021年4月25日
  • 6件

【モーター・アーツ】高感度スタイルワゴン Peugeot 308SW

それぞれ違うベクトルを受け持つプジョー車たち。Peugeot 308SW は、ステアリングを握る人も、旅を共にする人も、幸せにしてくれる実力がある。スペックだけでは語れない、見えない性能を誇れるこのクルマは、強い。

  • 2021年4月17日
  • 8件

【モーター・アーツ】胸の高鳴るフラッグシップ Peugeot 508

クラスレスな魅力にあふれるプジョー車たち。その中でも、フラッグシップに位置づけられるのが Peugeot 508。足回りよし、エクステリア良し、インテリア良しに、エンジン良し。トータルコーディネートの完成度が高い Peugeot 508。その存在は、モーター・アーツだ。

  • 2021年1月31日
  • 4件

【偽りなしの自動車選び】Peugeot SUV e-2008 GT Line

偽りなしの自動車選び。満を持して登場、電気自動車の Peugeot e-2008 をお届けします。インテリア・エクステリアは Peugeot 2008 にも当てはまるでしょう。電気自動車のフィーリング、いったいどのように感じたのか?それは、以外に新鮮味にかける印象でした。

  • 2020年11月18日
  • 6件

【偽りなしの自動車選び】Peugeot SUV 3008 GT Line BlueHDi

偽りなしの自動車選び。Peugeot のエースとなっている、Peugeot SUV 3008 のディーゼルエンジン搭載車、GT Line BlueHDi を吟味します。このクルマ、なにせ乗りやすくて快適です。その秘密は、なんといってもサスペンションセッティング。足回りに焦点をあてて、3008 を詳しくレポートします。