今も楽しいボルボ話
CATEGORY

今も楽しいボルボ話

ボルボに乗って、走り続けた11年は、私にドライブの楽しさを伝え、輸入車の楽しさを伝え、ブログの楽しさを伝えました。すでに手放してしまったけれど、沢山のボルボに関わる知識を使って、現在のボルボを語ります。

ボルボに乗って、走り続けた11年は、私にドライブの楽しさを伝え、輸入車の楽しさを伝え、ブログの楽しさを伝えました。

 

初めての輸入車は、日本車との違いを鮮明にして、私を輸入車の虜にしてしまいました。今でも良い思い出です。

 

すでに手放してしまったけれど、唯一だったボルボブログで培った沢山のボルボに関わる知識を使って、現在のボルボを語ります。

  • 2021年1月16日
  • 4件

アヤフヤなブランド構築は言葉1つで崩壊する

ブランド戦略の難しさ。付加価値であったり歴史であったり、ブランドの意味するものはとても強い。しかし、その印象は脆く崩れ去る場合がある。ボルボの年初のインタビュー記事を読み、その危うさに触れてみたいと思います。

  • 2021年1月6日
  • 0件

2021 年夏に発表?ボルボ XC50と思われる予想CG出回る

VOLVO の新型モデルの名前に、急浮上してきた XC50。そして予想CG。果たして小型SUVが出るのか、クーペルックなXCが出るのか。ボルボの海外情報を探る中で、興味が湧いた情報「XC50」の感想などを発信します。

  • 2020年12月2日
  • 12件

吉利汽車との合併協議で感じるボルボの将来

中国工場での再生可能エネルギー使用率100%達成、全ラインナップ電動化。他の自動車メーカーに比べて、野心的に成功を積み重ねるボルボだが、ここに来て吉利汽車とボルボの合併交渉がはじまった。これは将来のボルボの消滅を意味します。

  • 2020年10月1日
  • 0件

ボルボ2021年発売の新型車を仄めかす2つの噂

なかなか見えてこない、V40後継車の情報。今回2つの噂話から、次に発表される新型車が現実味を帯びたものなのかを想像してみます。キーになるのは、「EV」と「ジーリー」。積極的電動化主義と化したボルボの次の一手とは!?

  • 2020年8月28日
  • 2件

ボルボXC40 PluginHybridのカンファレンスの感想

ボルボXC40 PluginHybrid のカンファレンスを見た感想です。あまり良いイメージを受けませんでしたが、朗報もありました。電動化を突き進むボルボの最新のネタ、ちょっとディスリ気味です。

  • 2020年7月24日
  • 2件

VOLVO S60/V60 2021年モデルにB3エンジンが乗るなんて!

暗いニュースの多い日は、ボルボ話で明るくなろう。2021年モデルへの搭載が公表されたS60/V60用B3エンジン。こいつはいったい何のために生まれたのでしょうか?明るく楽しく想像します。

  • 2020年6月18日
  • 0件

ボルボのドアは重いけれど必要な厚さなんだ

ボルボのドアの話。デザインだけでは語れない、ボルボの安全神話の真髄。その重さ、その厚さ、その距離は、すべて人を守るための手段なのだ。最新ボルボ・ドア・インテリア特集つき!?でお送りします!

  • 2020年6月8日
  • 4件

中古車に見るボルボ・カーリース「スマボ」の余波

ボルボ・セレクトの前を通ったら、ほとんどがV40になっていました。これは予告していた「スマボ帰り」のリース切れ車両ではないだろうか?もともと無理はあったけれど、日本でのカーリースプログラムの運用の難しさを再認識することになりました。

  • 2020年5月20日
  • 9件

XC40 MY2021 プラグインハイブリッド情報を先取り!

待ち遠しさをいつまでも忘れさせない、ボルボXC40。MY2021にはプラグインハイブリッドのTwinEngineが用意されるとか。ティザーキャンペーンを受けていない方には「ほんと?」と思うかもしれない。本当です。国土交通省の改善対策にモデル名の記載がありました。確実に導入されるとわかる今、TwinEngineのおさらいをしておきましょう!

  • 2020年5月16日
  • 0件

ボルボCEO「コロナの影響で電動化に加速」

ボルボのグローバルCEOであるハカン・サミュエルソンは、コロナウイルスのパンデミックにより、電動化が進むと発信している。これをどのように読み解くかは難しいところ。私はコロナウイルスの影響で、最悪EVに待ったがかかるんじゃないかって思っていた。