お試し!まったく関係のない話①

これ、糸井重里さんのウェブコンテンツ「ほぼにち」のパクリになるんだろうけど、反応を知りたいから書いてみます。車のことじゃなくてごめんなさいね!

車が好きなので、どうしても車のネタに偏る私のブログ。良く知っていることを書こうとするから、自分の知識からネタを掘り出そうとする。すると、こうなる。打破したいよね。

 

営業職

ネタというと、営業職として商談に行く時には話のネタを仕込んでおくもの。昔は新聞を読めと言われたけれど、ツイッターでも十分にニュースは手に入る。

仕込みなんてかっこよく言うけど、2、3分で頭の中で整理をつける。即興詩みたいなもの。ただ、興味を引くかどうかのアンテナは私にはない。その点、大多数が意見を述べるSNSって凄いなと感心する。

 

ニュースはSNSとか、家内からとか得る。そのあと自分の中で話を整える。ゴール地点は自分の売りたい商品ではなくて、お客様のビジネスにつながること。感心のありそうな話題を拾って、相手のビジネスに関連付けて話す。

伝わると話が広がる。もっと聴きたいと言われれば、うちの会社にこんな商品がねって話せる。商談に進みたそうでも同じ。製品の紹介に入る。

さっきの話と関係ない商材ではないか!と言われたらラッキー!突っ込んでくれてありがとうございます!仲良しになるためのお土産を、受け取ってくれた証をもらえて嬉しくなる。

だってさ、さっき話した印象がお客様の頭の中で渦巻いているんだから。次の話の機会を失うことは、ここまでくれば一度もない。気持ちいいよね。

ほんとうに、SNSはすごい。脳みそいらない。だから仕込んだ話は、使い捨てだ。転用してほかのお客様に話そうとは思わない。覚えておくのもダルい。ポイポイ!

 

話が面白いなんてお客様には言われるけれど、すっぴんでは話ができない私は、実は人の意見のつぎはぎだらけだけです。そんな私が、自分の意見をブログに書き記しておこうなんていうのだから、ハイテクって面白い。

20年後に読み返せれば、タイムカプセルよりも有用かもね。

スポンサー・広告