私は欧州かぶれ?

私まこまちは。

お酒はワインが好きで、特にフランス産が好きで、特に特にローヌ産が大好きだ。

食事はイタリアンがめちゃめちゃ好きで、特にパスタは大好物だ。Barillaというパスタに感涙したことがある。

家具はあまり持ちたくなくて、それでも選ぶのはイケアのものだ。

画家はピカソやルソーが「ピン」と来る。

音楽は、スウェーデンやフィンランドの北欧アカペラが良いかなあ。

イギリス発祥の指輪物語は大好きな読み物だ。ハリーポッターは読まないけれどね。

 

欧州、多いなあ。他には・・・

アメリカ産・・・そう、MacとiPhoneがそうかな。

ワイン HOUR-GRELOT

デジタルツールは置いておくとして、文化面で言えばずいぶん「欧州かぶれ」な気もする。クルマも欧州だしね。

もちろん日本産だって大事にしている。リビングチェアは国産だし、テーブルは自作=国産だし(笑)別に何もかもが欧州欧州言っているわけではない、と思っている。

好きなものは好き。いまの時代、国産や欧州産、米国産にこだわらず、好きなものを手に入れて身につけることができる。

そのうち各国の文化が混ざり合って、大きな地球という文化が形成される。戦国時代のような紛争は絶え間なく続くけれど、いずれ世界はひとつになって、言葉は方言のような扱いになって、温泉街のまんじゅうのように日本のオニギリは扱われることだろう。

その時はきっと、宇宙から侵略者が来ていたりするかもしれない。けど、それまでの時間は各国の文化を楽しんでいたいね。

 

ところで、欧州、欧州と言うが、ドイツはLAMYくらいしか使っていない。ビールは飲むけれど、ほとんどがサントリーのノンアルコールだ。ジャーマンポテトは好きだが、ドイツ料理としての確証は無いらしい。

フランスもイタリアも生活に加わっている、実はスペインも良く飲む(ワインとかね)。ノルウェー産のサーモンも良く食べる。なぜかドイツだけが私の文化に入っていないことがわかる。いや、日本では見かけない?目に入らない?

これはいったいなぜなのだろうか?

 

メルセデス・ベンツやBMW、フォルクスワーゲンにアウディ、ポルシェ。クルマで言えば、ドイツを選ぶ人は多い。この人達は、ドイツ文化は他には何か取り入れているのだろうか。

カローラやクラウンは、紛れもなく日本のものだ。そしてこれらのクルマに乗る人達の中には、お守りをルームミラーに取り付けたり、身代わり不動尊のステッカーをバンパーに貼ったりしている。生粋の日本文化を継承している、と思う。(めちゃ偏見)

日本産よりも良いものが欲しいという人は、ドイツ車に乗る傾向はある。クラウンやレクサスの代わりにジャーマンに乗るのだ。すると、これは日本車の延長線上にドイツ車がある、と見て取れる。

ドイツの文化は簡単に日本に入ってこれるような気がする。

でも、私の文化圏に、ドイツは無い。「欧州かぶれ」かもしれない私は、ドイツを拒絶しているのだろうか?

 

 

と思って、家内に聞いてみた。ドイツって我が家に入ってきていないよね?

家内   ミキサーはドイツ製だよ。

 

 

そうか、ドイツって、LAMYも含めて文化ではなく、道具として入ってきているんだね。

やっぱり「欧州かぶれ」なのかな。そう考えさせられる朝であった。

 

 

本日も monogress をお読みいただき、ありがとうございます。

日記を楽しみにしてくださってる方もいらっしゃるので、続けたいと思います。クルマとは関係無いネタが多いです。

プジョー308SWのファーストインプレッションが本日で閉幕です。困った。プジョーネタはまだまだ足りませんね(^^)

 

スポンサー・広告