良いモノ選びは失敗の上に成り立つ

モノを選ぶには基準を設ける必要がある。

インスピレーションで買うのだって、潜在的な自分の基準に合うという意味である。だから後悔は少ないはずだ。

しかし、その少ない後悔をゼロに近づけるためには、やはり基準を設けた方が良い。

例えば、リビングチェアであれば座った時の姿勢だとか、お菓子を食べる時の姿勢だとか、テレビはこういった姿勢で見れたら良いな、とか。

売り場で見ると、どうしても小さく見えてしまうから、ある程度サイズを計算してから選びに行くなど考えていくと、モノ選びは失敗しないだろう。

 

私はエスクードというクルマを選んだ時が、一番失敗したモノ選びだった。

乳母車を分解せずに、車に乗せたかった。分解するのが面倒すぎて、乳母車を捨てたかったが家内に反対されて、ならばと乳母車を乗せやすいクルマを選んだのだ。

ただ、生粋の?ミニバン嫌いの私は、SUVから選ぶ事として、フォレスターかエスクードかで迷った挙句にエスクードを選んだのだ。

このクルマ、全幅もあり車高もあり、子供を守るにはうってつけの車だった。街中でも元気に走ったのだが、高速道路で走らなくって嫌になった。

選定基準の欠落だった。

自分はある程度走る車でないとダメなんだ、と明確に理解させてくれたのが、エスクードだったわけだ。

だから、今でも思い出しては、申し訳のない事をしたなと反省する。今はあらゆる選定基準をつくり、それを満たすモノだけを選ぶようになった。

失敗しないと人間は学ばないなーって、何年たっても思い出す、ひとつの人生のターニングポイントがここにあったようだ。

 

本日も monogress をお読みいただき、ありがとうございます。

昨日は風邪で体が辛く、ブログの更新は1記事のみといたしました。本日は日記も含めて、豪華に三本です笑

プジョーとボルボの比較シリーズを開始します。お読み頂けると嬉しいです!

スポンサー・広告