人の影響 人への影響

発信者になりたいと、私は言った。

3年前は、ひとかけらも思わなかった。けれど、今は確かに言える。発信者になりたいと。

ニュースキャスターになりたいわけではない。

解説者になりたいわけではない。

有名人になりたいわけではない。

人の人生に少しの影響を与えられるような、大事ではあるけれど重要ではないような、そんな発信者になりたい。

 

それがどれだけ大変なことかは、重ねた年が多い人ほどわかるだろう。

実現する人、個を貫くだけの人、敗れ、這いつくばって上がる人、下がる人。

どんな人の人生でもいい。役に立ったか?などとオコガマシイことは言わない。ふと、何かを判断するときに思い出して、そういえばこんな人が居たねとネタになるだけで、いい。

 

ボルボを紹介するブログの前は、酒蔵廻りや日本酒をあつかうブログを、その前は田舎を探すブログを書いてきて、それらは1日あたり20名の閲覧が関の山で、monogressまで来てようやく皆さんの目に止まるようになってきたようだ。

結構攻撃的なことも書いたし、自分本位な事を書くこともあったが、一貫して信じているのは、私の発言が誰かの心に刺さるかもしれない、役に立つかもしれない(おこがましい笑)と信じることだ。

人の性格は、人の数だけあると言われる。

ならば私の発言を受け止めてくれる方もいるはずで、もしもだれかの意思に少しでも影響を与えられたのなら、うれしいじゃないか。

それが生きた証であり、生き物を食べてここまで来た人間のエゴであると考えている。

 

少し前まで、人からの影響はメモであったり、書籍であったりだった。自分の理想の形に近い人の本を、その人の書籍をめくる。何かを考えるにあたりヒントが欲しいときには、わざわざ本のあるところに行かなければならなかった。

今は、個人の意見や考え方を、インターネットを通して読むことができる。スマホひとつあれば、考え方をいつでも引き出せるようになった、はずだった。

 

「考え方」を語るブログはなかなか見つからない。

 

目に止まるのは、相談であったり、解決方法であったりだ。考え方を手に入れる前に、答えが導き出されてしまう。

人間の本質を磨く前に、物事が完了してしまう。とても怖いことだと思う。

 

だから私は、人は発信者になるべきだと言いたい。

答えをあたえるだけの発信者ではなく、答えへ導けるような発信者に、誰だってなれると思う。人の考え方もまた、人の数だけあるのだから。みんな自信を持つべきなのだ。

 

自分の考え方を、世の中のデータベースのひとつとして、ログとして残すことはとても意義のあることだ。

SNSで叫ぶのは気分がいい。しかし捨てられてしまう情報であるならば、それは一瞬の楽しさであって、世の中の誰かがもう一度見ることを否定されたものだ。

つまり、YOUTUBEであるとか、ブログであるとか、自己管理ができる自己表現の場を、自分でつくるのが良いのだ。

人に言われて始めたっていいじゃない。誰かの影響をうけて始めたことが、誰かに影響を与えることになるのだから。

あなたの大切にした人生を、悲しみに溢れた時を、涙が流れる楽しさを、発信してほしいと私は願っている。

 

そうしたら、是非相互リンクを貼りましょう!

Googleさんは相互リンクは嫌いなようですが、検索だけではないWEBの楽しみを取り戻しましょうか!(笑)

 

 

本日も monogress をお読みいただき、ありがとうございます。

かっこいいタイトルをつけていてなんですが、wordpressというブログ用システムのオススメだったりします。人はもっと自分の足跡を世の中に残すべきなのです。

最近は動画系が力を増していますが、文章の力は残っていくと思います。ブログを始めたいという人を、積極的に応援したいと考えています。

んあー!くるまじゃねーのかー!という貴方のために、プジョー 記事も本日1本、投下しております。是非お楽しみください!

スポンサー・広告