monogressの記事一覧

  • 2021年5月25日
  • 4件

【前面展望】長野県原村の幻想

前景展望は、子供の頃に夢を見て、大人になって手に入れた数少ないもののひとつ。ドライブの幸せは、移動している最中に起こるもの。今回は長野県原村の情景をお届けします。あなたのドライブ欲をくすぐりたい。

  • 2021年5月23日
  • 2件

(新型プジョー308)絢爛ハッチバックの予習録Vol.1 エンジン編

新型 Peugeot 308 を、日本発売まで追っかけるコーナー「絢爛ハッチバックの予習録」。第一回目は、エンジン・ラインナップのお話。HYBRID 225 / 180 に、欧州エンジン・オブ・ザ・イヤー取得済みの PureTech 130、甲高いエンジン音が魅力の BlueHDi 130。これらのスペックを海外サイトより情報収取・予習します。

  • 2021年5月20日
  • 2件

ボルボ チケットホルダーの楽し使い方6選

ボルボのフロントウインドウについている、チケットホルダー。駐車券を置いておくくらいしか使いみちのないコイツの有効活用方法を独自考察。おふざけ記事なんじゃないの?はい、そうです(笑)リラックスしてお読みください。

  • 2021年5月18日
  • 0件

【モーター・アーツ】新時代を選んだ秀作 Peugeot SUV 3008

総合力の高い Peugeot SUV 3008。このクルマは優秀である。秀でたものは決して尖らず、車の良さを高め合う。他のクルマをつまらない物にするPeugeot 3008 のデザインは、走りの実力を伴うからこそ輝ける。次の恋をするその日まで、愛せるクルマを持つ喜びを。さあ、Peugeot SUV 3008 を手にしよう。

  • 2021年5月13日
  • 2件

どんなクルマにも官能性能は存在する

官能的というと、肉体的快感、性的感覚を感じることを言うらしい。クルマの誌面でよく見るのは、とりわけ秀でた性能。人として得られる力を超えて辿り着いた世界には、生物的な身震いを感じる。官能という例えはきっとピッタリなのだろう。でもこれって、普通の車では感じない事なのか?愛車を振り返って、その答えを導きだします。

  • 2021年5月10日
  • 4件

ステーション・ワゴンは輸入車から選ぶべき

日本には、輸入ステーション・ワゴンがある・・・ミニバンもSUVも沢山走っていてつまらない、それでも高いユーティリティは欲しい、走りも楽しみたい、という欲張りなあなた。輸入ステーションワゴンはいかがでしょう。ミニバンやSUVと比べればわかる、輸入ステーションワゴンの魅力をお伝えします。

  • 2021年5月8日
  • 8件

【i-Cockpitの本質】操縦の違和感はドライビング・ポジションにあり

プジョーのドライビング・ポジションに関するお話です。i-Cockpit 用適正ポジションを得るには、クルマの運転の基本となるポジションの作成+ステアリングの位置調整が必要です。プジョー車を気に入るかどうかは、すべて最初のポジション生成にあり、と言っても過言はなし。今回は、私の感じた違和感とともにプジョー車の適正ポジションのつくりかたをお話します。

  • 2021年5月1日
  • 2件

プジョー トランスミッション 回顧録

プジョー車を初めて購入するという人は、大きな不安の中でサインすることになる。例えインスピレーションがこのクルマにしたいと言ったとて、トラブルは不安なものは不安なのだ。だからこそ、クルマの動きの要であるトランスミッションについて、試乗してよく感じて欲しい。

  • 2021年4月29日
  • 0件

小鳥にアレを落とされてもメゲないぞ

緊急事態宣言や蔓延防止法で出かけられないゴールデン・ウィーク。新緑あふれるこの季節、せめて身の回りを見直して、自分が自然と一体になっていることを確認しよう・・・などと言ってられないのが、クルマに降りかかる糞害ですね(^^)

  • 2021年4月27日
  • 0件

【グレード読本】インスクリプション・ラプソディー

どのメーカーにも言えることだが、上級グレードにオプションをつけると、ひとつ上のクルマが手に届く位置にくる。ボルボでも Inscription グレードは、そんな微妙な立ち位置にある。モデルごとのヒエラルキーがしっかり見えるボルボならではの悩みを解説いたします。