自動車用品シュアラスター・ゼロフィニッシュでノートPCの液晶洗浄

  • 2020年2月25日
  • 道具
  • 297view
  • 0件

ブログを書く上でパソコンは必須。

スマホやタブレットで書けないことはないけれど、画像の加工にはどう足掻いてもパソコンが必要になる。画像ファイルの管理だとか、どうしても必要だしね。

で、私はこの冬にパソコンを新調。mac mini + 27インチThunderbolt Display から、Macbook Pro 16インチへとダウンサイジング(笑)しかし、このノートパソコンの具合がよくて、いつも寝床でブログを書いているのだ。

画面を磨きたい!シュアラスター・ゼロフィニッシュを試す

ノートパソコンあるある 画面の縁が汚くて悲しい

ところで、mac miniでは味合わなかった悩みがあった。ノートパソコンの縁につく「手あか」である。パソコンを開け閉めすると必ずついてしまい、当初はよく拭き取っていたけれども、液晶に傷が入ると嫌なので辞めてしまった。

すると、画面内の至る所につく様々な汚れも、取らなくなってしまったのだ。結果、Macbook Proは画面の汚れた、なんとも寂しいパソコンへと変貌してしまったのだ。

 

自動車用品で画面を保護する

車を入れ替えて、プジョー308SWが我が家にやってきて、そこにはタッチスクリーンが付いていて、納車2週間で手垢がべったりついていた。なんとか保護する方法はないものかと悩んだ末、「シュアラスター・ゼロフィニッシュ」というプラスチック洗浄保護剤を使用した。

効果は抜群で、なんと画面に手垢がつかなくなったのだ。画面を洗浄するのと同時に艶を出し、さらにコーティングまでしてくれる「シュアラスター・ゼロフィニッシュ」。もしやこいつは、パソコンの画面も洗浄できるのではないか?

早速洗浄剤を家に持ち帰り、試してみることにした。

 

スポンサーリンク

シュアラスター・ゼロフィニッシュで画面洗浄

おっと・・・これが私の「本日」の作業環境である。ノートパソコンの横に、綿棒やメンソレータムが置いてあるのは、私が花粉症だからだ。花粉と鼻水との戦いで、臨戦態勢なのである。

 

画面を見てほしい。縁についた手垢の数々。さらには細かい水分がMacbook Proの液晶画面に付着し、痕になってしまっている。

MAC BOOK PRO 画面洗浄

「シュアラスター・ゼロフィニッシュ」を適量、ウェスに噴射し、画面を拭き上げる。汚れはまたたく間に取れ、買った当時の状態にもどった。仕上げにティッシュを使えば、さらにキレイに磨き上げられる。

MAC BOOK PRO 画面洗浄

肝心の手垢だが、付きづらくなった、というところだろうか。保護されているのでティッシュを使えば容易に汚れは落ちるのだが、まったく付かなくなるとは言い難い。

ただ、簡単に汚れが落ちるようになったので、気兼ねなく液晶画面の清掃ができるようになったのは、朗報だろう。

注意点

この洗浄方法は、推奨されているものではない。実施するのであれば、自己責任でお願いします。

やはり気になるのは、キレイになることだけではなく、液晶パネルが変質してしまわないかどうかだ。MacBook Proには環境の色にあわせて液晶画面に色味を調整する機能「True Tone」がついている。

洗浄後数日経って私が泣き寝入りしていなければ、(ちょっぴり)安心して洗浄を試みて欲しい。

MAC BOOK PRO 画面洗浄

なんでも磨きたい!

なお、iPhoneの液晶画面に試して数日が経過しているが、問題無く使用できています。そうでなければ、高価なパソコンには試しません(笑)

家の中のモノ色々なところを、磨いてみたいと思います!

それにしても、6コアの Core i7は優秀。動画編集も画像加工もサクサクできる。素晴らしいです。

ヒカキンと同じモデルだけど、あちらは全部盛り、私はメモリがmac miniの4GBから16GBに増えただけで十分です。いい買い物した!

我が家はクルマよりもパソコンの買い替えスパンのほうが長い。データの移動も面倒くさいので、できるだけハイスペックマシンを選んで、長く使い続けたいと考えています。

スポンサー・広告