御殿場乙女駐車場は富士山調味料でカップ麺の旨味を倍化する

ドライブとカップラーメンの話である。走行性能だのシートの触り心地だのを言う記事ではない。今回はあくまで、ドライブ・アンド・カップラーメン。D&C。もちろん、ドライブの話だから後半には絶景写真が貼り付いていますよ。

 

ドライブの目的とは、クルマを走らせ移動を楽しむ事である。プラスで自分の趣味が混ざれば、尚のこと楽しいものになる。ドライブ・アンド・バーベキュー、ドライブ・アンド・コーヒー、ドライブ・アンド・サイクリング。クルマとセットで行う何かは、人生を楽しく過ごすエッセンス。

 

私は身体を動かすのが苦手だから(笑)、ドライブには食事をあわせたい。その観点で見るのならば、バーベキューは準備が大変。お金もかかる。それも含めて楽しむ”オートキャンプ”は大好きだが、もう少しフリーに食事場所を選びたいなら、大きな鉄板は仇となる。

 

ここは文明の利器に頼るのが一番だ。

 

 

そう、カップラーメンである。

 

お湯を入れれば3分でできあがる、しかもディスカウントストアで買えば100円で手に入る。そして旨い。たぶん私の料理よりも、腕がたつ(?)。

 

さらに、ドライブは楽しいけれども疲労もある。カップラーメンなら、お湯を入れて待つだけだ。懐かしき20代のように、限界を知らない身体はもはや私に存在しない。いかに愉しく、いかに楽(らく)に過ごすかが、ここらかの我が人生のキーである。

 

私はクルマで大自然のある場所へ行くのが大好きだが、森の中で食べる食事は、家で食べる時の2倍増しに美味しく感じる。森の香りと食事の美味しさの相乗効果。やはり人間は、もともと森の人(オラウータン)なのだろう、とシミジミ感じてしまうのである。

 

 

前置きが長くて恐縮だが、このD&C(ドライブ・アンド・カップラーメン)を久しぶりに堪能してきた。ゴールデン・ウイークは2年連続の自粛状態。県外に出ずに、三密を防いで愉しむレジャーと言えば、今はキャンプが人気らしい。だからオートキャンプ場を申し込もうにも、すでに予約はいっぱいだった。

 

ならば、キャンプ場よりも空いているところに行こうじゃないか。空いている時間に行こうじゃないか。家内に「森の中でご馳走を食べよう。」と地元のスーパーで買っておいたカップ・ラーメン。喜ぶ素直な家内に惚れ直し、ラゲッジにお湯を積み込んで、私達家族は箱根方面へとクルマを進めた。

 

  • 5時 自宅出発
  • 6時 乙女駐車場到着
  • 6時15分 カップラーメンにお湯を投入
  • 6時20分 カップラーメン食事開始
  • 7時 乙女駐車場出発
  • 7時30分 箱根スカイラインで写真撮影
  • 8時30分 箱根出発

 

乙女峠で撮影した富士山とプジョー
乙女駐車場は、御殿場方面から行くと乙女峠の手前にある。深沢交差点を見逃さないように。絶景富士山は写真では表せない。リアルな目で見よう。

 

御殿場インターチェンジを降り、一路箱根方面へ。そこへ、お気に入りのビュー・スポットがある。乙女駐車場だ。

 

(厳密に言えば御殿場市・・・つまり、静岡県である・・・神奈川県民としては、乙女峠は箱根と静岡の県境であり、箱根は神奈川県の名所であり、箱根へ行くには神奈川県からは御殿場インター経由が早い=ECOなものだから・・・少しの愚行を許していただきたい・・・ゴニョゴニョ)

 

ここは富士山の見える絶景スポットの1つなのだが、御殿場インターチェンジを降りてすぐのところにあるからなのか、「知る人ぞ知る」場所になっている。高速道路を降りた後、標高を上げずに到着する印象だから、絶景ポイントはもっと上にある、と思ってしまうのかもしれない。実際には御殿場まで登ってきている時点で、相当な標高にいるんだけどね。

 

とにかく、おかげで私達は見事に三密を防ぎながら、美しい富士山を見ながらのカップ・ラーメン・タイム(えっと・・・CRT!)を堪能することができたのだ!

 

乙女駐車場でカップ麺
森林の中、カレー臭がキワドイカップ麺をいただきます!普通のカレー味も美味しいけれど、欧風チーズカレー味はコクがあって美味である。

 

森の中で食べる、カップラーメン(欧風チーズカレー味)は最高だ。化学調味料で丹念に調整された異国の味。某カレー屋で200円超えのトッピングになる、まろやかチーズ・フレーバーはプチ贅沢を再現する。肉でない肉(謎肉)は環境にも配慮されていて優越感に浸れるのも嬉しいポイント。

 

ポットのお湯であるがゆえ、麺に少しばかりの芯は残るが、絶景がオカズなら些細なこと。そして、喜ぶ家族の笑顔も旨味のエッセンス。幸せは、なにも高級料理だけではないのである。

 

様々なフレーバーを突っ込んで、都会では味わえない、美味しさの倍化されたカップラーメン。

 

(*´∀`)=3 おいしかった〜〜〜

 

ところで乙女峠駐車場は、火気厳禁である。公共の施設は、おおよそ火気厳禁の場合が多い。今回は水筒に熱湯を入れてのカップ・ラーメン・タイムだったが、通常3分で出来上がりのところ、標高の高さ、朝の寒さを加味して5分ほど放置した。いやぁ、5月だというのに気温一桁とか、流石である。

 

乙女駐車場でカップ麺
備え付けのテーブルは、早朝だから空いていた。食卓に変える前に、シュアラスターで汚れを拭きとる。ゴミの持ち帰りの準備を忘れずに。
パノラミックルーフと富士山の絶景
パノラミックルーフで眺める富士山も良い・・・プジョーに乗っていて、幸せに思う瞬間である。

 

さて、食事も終わりキレイな空気を体いっぱいに流し込んだあとは、箱根スカイラインをドライブして帰ることにする。公共の場であるにも関わらず暴走する輩を横目に、ノンビリクルマを流した後、絶景ポイントで止まって写真をパチリ。

 

思わずニンマリ(^^)

 

クルマって、景色と一緒に撮ることで相乗効果を生み出すよね。絶景ポイントまで自分たちを運んでくれた、自慢の愛車。クルマの中での笑い声。そこまでの旅路の記憶も合わせて、フォトフレーム一枚に収まる。ビデオでなくとも、記憶に残せる幸せは、1枚の写真の中にあるんじゃないかな。

 

PEUGEOT 308 と富士山
箱根スカイラインで富士山とのツーショット。ところどころにある駐車スポットは、絶景が待っているぞ。有料道路なので、小銭の用意を忘れずに。

 

娘は高校生になり、学校が楽しいそうだ。勉強を友達と教え合うのが自分の夢と言っていた彼女にとって、ある程度の偏差値のある高校は上手くマッチしたようだ。メガネを外してコンタクトレンズにしたり、ストレートパーマをかけたりとオシャレに余念がないが、どんどんキレイになる娘を見ていると、出会った頃の家内を思い出す。(少しノロケた・・!)

 

息子は中学2年生になり、相変わらず寡黙であるが、胸に秘めるなにかがあるように見えてくる。身長は私を超えたようだ。顔つきは家内に似ているから、自分の若い頃と重ねてみたりはしないけれど、男の子の将来が気になってしまうのは親としては当然だろう。今年は進路を決める年だ。どこまでサポートできるか、悩みはつきない。

 

家内はここに来て、サイクリングに興味を持ったらしい。ブロンプトンという自転車が欲しいのだと、クルマや鉄道で遠方へ出向いて、サイクリングで回りたいのだと言い出した。私はすぐに”ブログのネタ”になるかな、なんて思うけれど、身体を動かす趣味であれば、私も参戦すべきだろう。

 

富士山と裾野
富士山と裾野の広がる風景。箱根スカイラインは、三島方面の景色もキレイだ。走ることも楽しいが、時々クルマを止めて景色を眺めるのも、箱根スカイラインの楽しみ方のひとつ。

 

カフェの夢を現実のものとするために、考えることは沢山ある。悩みの多い人生の休憩に、D&Cで心の栄養を充電する。そんなメリハリをつけながら、あと3年を予定する都会生活を充実して過ごしたい。

 

しかし・・・小さい頃から富士山ばかりを絶景と捉えているせいで、兎にも角にも富士山である。コロナの蔓延が落ち着いたら、ぜひ全国の絶景ポイントを回りたい。沢山の場所で、沢山の絶景を眺めながら、沢山の人が生活を営んでいる。それを知らずに人生を終えるなんて。死んでも死にきれないとは、こういうことも指すだろうね。