【まこまち家を売る その0】人生の節目 移住計画を実行に移します

人生の節目。過去に振り返って、皆さんいくつかあると思います。

 

受験する高校を選ぶ時、就職する会社を選ぶ時。いや、あの時もっと勉強していれば・・・などなど、考えだしたらきりがない。けれども、自分で進む道を選んだときが、決定的な節目。間違いない。

 

今回私は人生の節目を、自らの選ぶことにしました。家族の協力も勿論あるけど、積極的に茨の道に進むことは、やはり怖いです。でも、やるしかない。

 

ドリームをリアルに変えるなら、動くしかないのです。

 

新築で購入し、あわよくば完済して住み続ける「安定した人生」を振り切って、田舎への移住とカフェ経営に挑戦する。この度まこまち一家は、不動産を売却いたしました。

 

カフェメニュー

 

不動産の売却自体は、珍しいことではないと思う。

 

予定よりも手狭になったり、設備更新が重なったり。「住み替え」の理由はいくつもあるけど、一度マンション暮らしを味わうと、今更賃貸には引っ越しし難しい。価格と快適さの兼ね合いは、購入のほうが明らかに良いから。

 

しかしタイミングは難しい。年単位で相場はかわる。売却するタイミングを見計らっていたけれど、希望するところまではなかなか届かなかった。

 

子供は子供で、平凡に生きるのだろうと勝手に考えていたところ、急に地域トップ校への挑戦を表明(笑)実力もしっかり付けてきて、今や狙えるかどうかのラインまで成績をあげてきた。すると、ないがしろにもできなくなります。

 

春の家族会議での話し合いは、子供の将来と夫婦の将来を両立する為のもの。その中で、将来素早く移住が叶うように、不動産を売却することで意見を合わせたのでした。

 

大町ダムの景色

 

移住に失敗するようなら、もう一度マンションを買う、という選択肢はひとまず、考えない事にした。子供は大学に進学する、夫婦は移住し商売を営む。計画期間は4年間。さまざまな葛藤を繰り返し、導き出された答えに向かって、家族全員で進むのだ。

 

計画は、おおよそ以下の通りのスケジュール。

 

マンションの売却を済まし、引っ越しする。引っ越し先は、出来るだけ中学校の近く。通学の時間を削り、リラックスしたり勉強したりする為。

 

上の子が高校に合格したら、素早く高校近くへ引っ越しする。理由は上と同じだが、合わせて住環境の改善も視野に入れる。今住んでいるところは、空気が悪すぎるので。

 

高校生活を送る間に、田舎の土地や物件を見て回る。場合によっては購入。我が家のレジャーは今後、家探しのドライブに変わります。

 

大町ダムの景色

 

良い物件が見つかれば購入。ひとまず別荘、将来はカフェというマイプレイスを手に入れて、改装も趣味にする。ブログの読者様をこき使う手伝ってもらうのも悪くないね!

 

また、資格にも挑戦。カフェができない場合には、再就職が必要になる。考えたくもないが、あって損することもない。エクセル、パワポ、Wordpressの使い方を教えてくれるカフェとか、楽しい?あ、就職してないじゃん(^.^)

 

大学入学が叶った時点で、会社を辞める。リッチな家庭ではないのだから、バイトをするなどで稼いでもらう。私は私で、希望退職などで条件が良ければ、それに乗る。

 

今回はフェーズ1が実行に移された。もう後には戻れません。

 

原村とV40

 

今年は変化の年だという事は、身体が感じ取っていました。ボルボブログの閉鎖、クルマの入れ替え、コロナウイルスの蔓延。平常ではない感覚に、誰かが動けと言っている、そんな気がしてならなかった。

 

オリンピックイヤーで相場が上がり気味だったこともあり、売却を決意。十数年間積み上げてきたものを、家族と一緒にリセットする。

 

さあ、新しい人生を切り開こう!

 

きのこの森

 

このシリーズ記事は、まこまち家のカフェ経営計画のうち、不動産売却にまつわるところを連載していきます。

 

もともとカフェ経営に興味があって、クルマ談義できるカフェを作りたいと思っていました。スタートは子供の食物アレルギーだったかな。

 

旅行先で食べるものがないアレルギーっ子に、楽しい思い出をあげたい。そんなところからカフェが夢に変わっていった記憶があります。

 

一時期はボルボユーザーの憩いの場を・・・なんて考えもしましたが、今や私はプジョーユーザー。クルマを愛する人があつまれるようなカフェがいいかな。

 

その中で、まずは移住の柵になっていた不動産の売却を、他の移住希望者の為に、わかりやすくブログに残しておこうと思います。

スポンサー・広告