たまには愉しい車談義を/秀でたワゴンは荷物の積載量だけじゃない

クルマを良いと感じる要素は、一つだけではありません。走ること、曲がること、居心地が良いことなど、色々な性能と自分の求めるベクトルとがあった時、そのクルマを愛することができると私は考えています。

 

ことエステートやワゴンと言われるクルマは、普通の車と比べても求められる要素が多いと感じます。ええ、自分がワゴン乗りだからそう言うのですけどね(笑)

 

でも、クルマの基本的な形であるセダンやハッチバックに比べると、次元の高いまとまりを求められるのは間違いないでしょう?

 

308SW ハッチゲート

 

私がワゴンに求める性能は、走りの良さ、乗り心地の良さ、スタイルの良さ、楽しさ、そして細かい利便性。これを高い次元でまとめあげているのが、今の愛車 Peugeot 308SW です。

 

走りの良さとは、快速性能だけではなくエンジンのフィーリングとか、曲がるときの素直さとか。人はスペックに目が行くけど、130ps/300Nmというエンジン性能は、私にとってはちょうど良い。きっとプジョーもそう思ったに違いありません。

 

日本の高速道路は、実感としては250Nmもあれば不満のない速度で走ることができる。けれども、急に加速したくなる時にはモアパワーが欲しくなる。クルマを抜く時とか、危険を回避する時とかに、このモアパワーがあると助かるんだ。

 

中央自動車道の車窓

 

何度か経験のある、高速道路で危険なモノを避ける操作、ブレーキング、適切な舵取り、スッと前に抜ける操作。この時は、シフトダウンさえももどかしい。粘り気のあるトルクの得られるエンジンは、こんな荒い操作も簡単に対応ができるから嬉しいですよね。

 

もちろん、ガソリンターボもハイブリッドもEVも、同じ性能を持つクルマは多いです。今は性能の良いエンジンがあって、良い世の中になったと感じます。けれども、同じ性能があったところで、高速道路を25km/Lで走れるクルマは、あまりないんじゃないかな?

 

VOLVO V50 に積まれていた直列5気筒のフィーリングも良かったけれど、燃費 10km/L に届かないのは、ちょっとつらかった(^ ^;)

 

乗り心地については、過去に沢山語っているから今更だけど、時速100km/h付近での安定した乗り心地は最高だし、一般道での柔らかなセッティングも気持ちいい。乗る人に優しい。これもプジョーのアイデンティティ。

 

楽しさも、パノラマガラスサンルーフがあるから乗る人全てが移動中の景色という非日常も楽しめる。せっかくクルマに乗るんだもの。映像では味わえない楽しさを体験したいじゃない。

 

パノラマルーフと高速道路

 

そしてラゲッジルームの使い勝手。私は特に、次の二つについてワゴンに求めていたりする。

 

ひとつは、ハッチの利便性。

 

車長のあるワゴンだとわかっていても、日頃の買い物で長さにウンザリすると愛着が減ってしまう。わざわざクルマを前に出して荷物を載せるとか、スマートじゃないのは嫌だよね。

 

Peugeot 308SW も Peugeot 508SW も、ヒンジの取り付け位置が上手く調整されていて、ハッチゲートを開ける時に後ろに張り出す量が少ない。ほとんどの駐車場で問題なく荷物を載せられるのは、本当に嬉しいセッティングです。

 

そして、利便性を優先したハッチデザインにも関わらず、クルマ全体のフォルムを犠牲にせず、伸びやかな雰囲気を出しているのも評価ポイント。

 

プジョー308SW 乙女峠

 

もうひとつは、椅子として使えるかどうか。

 

空気が綺麗であったり、都会では味わえない気持ちの良い場所に着いた時、窓を開放して休憩するのも良いけれど、ワゴンならハッチを開けてラゲッジルームに座りたい。

 

寝転んでしまっても良い(笑)

 

これはハッチを開けた時のラゲッジルームの高さのデザインが効いてきます。ワゴンならではの性能で、セダンやハッチバックのように下にえぐれたトランクを持つと、できない事。

 

ラゲッジルームから足を出して、外の気持ちのいい空気を味わいながら、お茶を飲んだりオニギリを食べたりできる。世界を簡単にレジャーに変える。これができるからワゴンはたまりません。

 

VOLVO V50に座る子どもたち

 

ラゲッジルームの大きさだとか、ホイールベースの長さだとか、スペックが参考になる事は沢山ある。けれども、わからないことも沢山あります。

 

ディーラーでクルマを選ぶ時、ピカピカの車であることで、ついつい沢山触らずに契約してしまう方も多いことでしょう。でも、できるだけ沢山触れてほしいし、自分の車のライフスタイルに当てこんで、しっかり評価をして欲しい。

 

そして、それらの情報を補完するのが、メディアであったりブログであったりするのです。私も小さな力ながら、皆さんのプジョーライフ、ワゴンライフをサポートしたいと思っています。

 

良い買い物をして、いつまでも愛せるように。monogress の願いも、そこにありますから。

スポンサー・広告