【まこまちの車選び】魅惑のイエロー

まこまちの自動車選びは、プジョーからルノーへ移動。お目当てのクルマへの行手を遮る刺客が登場する!

閑話 ルノーメガーヌという寄り道

キャンバストップの天井から、クリスマスツリーの頭が出ていたお客様がいらっしゃいまして!と言うセールスレディ。

まったく、ルノーのセールスは話がうまい。車の魅力の中に、ディーラーやセールスの魅力も含まれている事を良く理解している。

思わず叫びたくなるカッコ良さ

ルノーに来るのは2回目だ。

1回目は単純にトゥインゴをブログの記事として書きたかったから。土地さえあればトゥインゴは欲しいけれど、都心付近でマンションに住む私には二台持ちは敵わぬ望みだ。

月極駐車場は13,000円。土地が欲しいなあ。

今回は、ベニヤ板の乗るクルマを見学に来た。ルノーで言えば、カングーだ。

 

お店に着いた時、担当のセールスは納車の説明中。約束の時間に来たのだが、前のお客さんの対応が長引いているようだ。

仕方がないので、クルマを見て回る。

カングーが目の前にあるのだが、どうしても目を背けることのできない、魅力的な1台がそこにあった。

 

 

ルノー メガーヌ。

 

 

実用という言葉の存在を問う。

魅惑の根源はイエロー。人の心の奥底を揺さぶるグラマス。

ジャングルの鮮やかな爬虫類は、危険を冒してでも触れたくなる。

 

ルノーメガーヌ フロント

ルノーメガーヌ エアインテーク

ルノーメガーヌコックピット

ルノーメガーヌ リア

 

目的を忘れそうになる

ルノーメガーヌがそこにいた。左のカングー 、奥のトゥインゴは目に入らない。

さすがの存在感。ルノーの中央で仁王立ち。

レカロシートが装着され、乗り込んでみると意外なほどに快適だ。

ドアをあけると、センターディスプレイにアナログ時計が映し出される。

シンプルなコックピット。そぎ落としたという言葉がぴったりだ。

 

けれどもやはり、メガーヌはエクステリアが美しい。

グレープフルーツが輝いたように見えるボディは、後輪が踏ん張るようなデザインだ。

その理由は「4CONTROLL」。ハンドリングレスポンスを大幅に上げる、4輪操舵システムの搭載を物語っていた。

 

おっと。あやまってメガーヌに試乗するところであった。

 

スポンサーリンク

第3章 ルノーカングー 実は玄人向け実用車

力量を試すニクいやつ

ルノーというメーカーは、なかなか面白い。

小型でキュートなトゥインゴ、コンパクトのルーテシア、仕事クルマのカングーに、走りクルマのメガーヌ。本国ではもう少しバリエーションがあるようだが、車種がとても少ない。

それでいて日産自動車を配下に収められるほどの実績を持つ。

つまり、モデルの少なさ=開発費の圧縮だ。その分、一台一台を丁寧に設計する。カングーなんて、日本のユーザー要望が最優先だと言う。

したたかなCSや経営判断が、ルノーを強い企業へと押し上げているのだ。

 

メガーヌからあえて離れて、カングーを見る。

試しにベニヤ板が乗るか試してみたが、長さ方向で工夫が必要だった。斜めにすれば入る。なんとか、セーフ。

それにしてもキュートだ。独特の世界観に引き込まれるが、家内は相当気に入ったようだ。

 

私の家内は、私よりもインスピレーションで物を選ぶ。

物の良し悪しは歴史まで考慮に入れた上で、製品として1点だけでも気に入る要素があれば、他が平均点でも許してしまう。

その許し方は、ネガティブに理由をつけてポジティブに変えるほどだ。

 

だから、1点でもケチが着くと冷めるのも早い。

ボルボを手放したいという気持ちは、年末の騒動からすれば当然だった。

 

ルノートゥインゴが整列!

思いも寄らない大情報

ペラペラのリア扉も、不要な後席3座シートも、スルリスルリと許してしまう。家内が気にいるのなら、カングーでも良いかな、なんて、人の良い私はうなずいてしまう。(なんてね)

オーバーヘッドコンソール、面白い。

意外と座り心地の良いリアシート、面白い。

殺風景な運転席、価格から考えれば、良い。センターコンソールにはカッティングシートでも貼ろうか。

4つのドアウインドウはしっかり全て開く。いままであり得ないほどの開放感。

私もだんだんと、ワクワクしてきた。

 

けれども、時間はどんどんと過ぎていき、セールスさんはいったいどうしたのかと心配になりはじめる。すると、なかなか対応できる時間がなくて申し訳ないと、他のセールスが現れた。

試乗と見積もりを担当してくれるという。

出かける前に、カングーの説明を聞いた。やはり指名買いが多いらしい。

燃費、相応。ラゲッジルームはカスタマイズする事がお客様が多いという事。バックモニターは社外製のルームミラー兼用タイプがお薦めだということ。これもなかなか、面白い。

なかなか気に入ってきたカングー 。イエローがいい色ですね、という私に、セールス氏は言った。

 

2年で”色あせ”するんです。

 

いきなりのショックが私達夫婦を襲う。

ーーーつづくーーー

スポンサー・広告