ボルボV40 D4 71万円値引きの(月間自家用車風)購入記

私が以前愛読していた雑誌の中に、ディーラーへ出向いて大きな値引きを得るコーナーのある「月間自家用車」というものがありました。まだ書店で販売されているものを見かけますよね。

 

このコーナー、事前に「自動車の値引きの王様」みたいな方が、読者さんに値引き方法を指南して、大幅値引きをゲットする様をレポートするもの。読み物としては面白いけど、セールスを兼任していた私としては、なんだか嫌なコーナーだなって思っていました(笑)

 

そう、読み物としては面白んです。だから、その書き方を真似てみたのが、本記事。about-VOLVOで2018年5月18日に投稿したもので、すでに新車販売してない VOLVO V40 に関するものですが、せっかくなので再投稿いたいますよ。

 

――― 🚙 ―――

 

ボルボV50を購入して9年目。そろそろガタピシ言い出した感じで、次の車検まで2ヶ月を切った。

 

家内と相談し、ひとまず車検の見積もりを貰おうという事に。家内も家族もお気に入りのボルボV50。そりゃあ私も手放したくないけどさ。

 

実は、最近会社の車がハイテクになって、前に車がいたらアクセル踏んでも発進しないとか(誤発進抑制機能:ホンダフィット)、信号待ちで寝てしまってもブザー音でフォローしてくれるとか(前車両発進お知らせ機能:トヨタカローラ)、なにかといいなと思っていた。

 

子供を乗せて走るなら、事故を未然に防げる安全装備が欲しいなあ。

 

ボルボ9年目の車検は高かった

ボルボV50
我が家初の輸入車、VOLVO V50。ヨーロピアンスタイルは今見ても美しい。けれど、リアシートは子供には狭そうで、9年目にして手放すことに。
VOLVO V50 高ソメキャンプ場
オートキャンプをこなす VOLVO V50。いまでもステーションワゴンが好きなのは、このときの想い出によるところが大きいです。

 

ボルボディーラーで出してもらった車検の見積もり金額は、諸費用含めて30万円。むむ、ちょっと高くない?

 

家内もぐらつく。これはそろそろ、替え時じゃないだろうか。じゃあここは、ボルボディーラーで相談してみようという事になりました。

 

ただ、最新の車がどういう流行りがあるのか、しっかり確かめてから買い換えよう、と決め、候補をいくつか絞ることに。

 

最有力候補 ボルボV40

本当はV50の後継があったらよかったのですが、統合されたV40を候補に。燃費のいいクリーンディーゼルの「D4」は、大きなトルク400Nmと高燃費 20km/L(JC08)が魅力的。

次点 VW ゴルフヴァリアント

ダウンサイジングターボといえば、ゴルフ。スタイルも悪くないし、デュアルクラッチも悪くない。何よりステーション・ワゴンなのがいい。

スポンサーリンク

その次 VW ポロ

もう車で遠出しないって決めて、本当にダウンサイジングしちゃう。内心とっても嫌だが、小さいクルマが好きな家内は興味があるようだ。(Peugeot 308SW に乗る今でも、コンパクトカーにしようとか、クルマ手放そうとか言われます・・・)

 

来週の土曜日に試乗の予約をボルボディーラーに入れて、スマホで色々調べながら過ごす事にしました。

VOLVO V40 T3に乗ってみた

ボルボV40 コックピット

さて、試乗です。モデルを伝えていなかったので、1.5リッターターボのT3インスクリプション、ガラスサンルーフ付きが待っていました。

 

とりあえず家族4人で乗り込みます。すると、「行ってらっしゃいませ。」あ、同乗しないんだ?まあ、座るところないか・・・

 

ボルボV40 T3で、知ってある街中を一周。V50より揺れない?と家内。私もそう思っていました。ちょっとぎこちない。エンジンは軽やかだし、シートもいい。ボンネットが膨らんだおかげで、ちょっと運転席からの眺めが狭くなったかな。

 

ひとまわりして、いかがでしたか?と聞かれたので、まあまあかな〜などと言いつつ、内装の出来とかに結構満足である。あとは気になるディーゼルを体験したいという事で、D4ある?と聞くと用意してくれました。

 

新型ボルボ V40D4に乗ってみた

ボルボV40インテリア harman/kardon

今度はV40 D4を試乗。お!揺れも収まって、エンジンもパワフル!ちょっと曲がりにくいけど、家族も乗り心地いいとなかなかの評価。ただ、ディーゼル独特の騒音は気になります。

 

ディーラーに帰ってきて、V40 D4で早速商談開始。

 

まこまち  車庫証明と納車費はカットしてくださ・・・と言いたいけど、全ておまかせでよろしくお願いします。

 

ここ、月刊自家用車での決り文句なんですけどね、自分で手続きするのは大変そうだし、ディーラーにおまかせ(^-^)

 

セールス氏 値引き30万円、下取り10万円です。

 

VOLVO V50 には値がつかないと言われ、それでも10万円は出すという。合計 40 万円の値引きと一緒か・・・下取りはもともとはディーラーにお願いするつもりでした。ボルボで入れ替えれば、このV50も今後の人生、良いだろうなと。

 

とりあえず今日は検討という事で、一旦失礼しました。

 

新型フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントに乗ってみた

次の日、なんとなくV40いいじゃん、という気分でしたが、念のためVWへ。なかなか混んでいて、6組くらい商談しています。ゴルフを見たり、ポロを見たりしていると、年配のセールスさんが近づいてきてご挨拶。よろしくお願いします。

 

用意いただいたゴルフヴァリアントに乗り込み、試乗へゴー。あ、今度のセールスさん、一緒に乗るのね。当然か!(笑)

 

セールス氏 ゴルフはいいですよ〜走り始めてすぐに良さがわかります!

 

まこまち  おお!本当に良さがわかる!え、ほんとか!?わかっているのか!?

 

ディーラーの駐車場から車道に出るときの僅かな段差で、足回りの良さがわかる!しっとりして絨毯の上を走っているみたいだ。ワーゲンスゴー。エンジンは1.2リッターダウンサイジングターボだけど、2リッターNAくらいの走り。なかなかいいじゃないか。

 

価格が良ければ検討の余地ありだな・・・(*^_^*)

 

後席の乗りやすさ、広さなどを家内や子供が評価している。うーん、ただ、内装がちーぷ。

 

車体価格でボルボV40と同じくらいとは思えないくらい、安っぽく感じます。うーん、さすが業界スタンダード。飽きない?最初から飽きてそうだよねこれ(-o-;) でも、使い勝手は抜群なんだよな・・・

 

これから子供も大きくなるし、ワゴンはやはり魅力的。エンジンにも余裕がほしいからと1.4リッターので試乗を申し込むも、1.4は用意がないとの事。残念。

 

フォルクスワーゲンは見積もり待ちが長い

不動産売却の計算

さて、ポロは特筆するところなく試乗は終わり、見積もり待ち。ここで40分くらい待たされた。見積もりって、こんなにかかるかな?

 

そして出てきた見積もりを見てビックリ。値引き20万、下取りは5万円。40分待ったのに!?ないかなー。(ノД`)

 

こういうところのオモテナシひとつひとつが、ボルボっていいよね、なんて話しながら、帰り際にボルボディーラーの前を横切ります。うーん、気持ちはほとんどボルボV40にかたよっていました。

 

ワーゲンセールスさん 猛プッシュ!

週中、フォルクスワーゲンの営業さんから、電話が入ります。もうすこし金額は頑張れるって。

 

週末来て欲しいと猛烈にプッシュを受ける。ここで、「家内はゴルフもいいと言っているが、私はボルボが良いと思っている。即決するつもりはなかったけど、そこまで言うならボルボに寄ってから行きます」と伝える。

 

週中にカタログと更新された見積もりか届いていた。あれ、切手貼ってない。直にきたのか!

 

なかなか良いセールスさんだなーと思ってたけど、「普通買う前のお客さんの家まで来ないよね。家を見にきてるみたいで嫌だ」って、家内が言い出しちゃった。ごもっともですね。

 

フォルクスワーゲンに行くとなれば、先にボルボに行かないと行けない。ボルボに商談の予約を入れておきます。期待していてくださいってボルボのセールスさん。大きな値引きが期待できそう。

 

天のお告げか!?トラブル発生!

VOLVO V50 メーター
豪華さはないけれど、チープでもない、独特の北欧デザインが美しいボルボV50のメーター。直列5気筒も愉快なエンジンでした。

その週の木曜日、仕事が早く終わり車で買い物。あー、もう少しでV50ともお別れか。

 

なんて言ってたら、なんと右前のタイヤがフニャフニャになってる!あれ!パンク!?

 

非常事態発生です。とにかく一度見てもらおうと、私一人でボルボディーラーへ行く。担当のセールスさんが丁度出てきて、早速見てくださるって。

 

セールスさん、週中なのか暇そう(ひどい)なので、フォルクスワーゲンに行った話をしちゃう。足回りはさすがゴルフd( ̄  ̄)なんちゃって。

 

テーブルに座って待っていると、サービスの方がいらっしゃって、空気が抜けていただけ、との事でした。安心したー。こういうマイナートラブル、まったく請求とかされないボルボは、やっぱりいいな。

 

 

安心したところで営業さんが再登場。ちょうど、話がしたかったんです、と、見積もり書を持ってきた。11月の3週目、月内登録で契約が欲しいって。キタキタキタ!

 

値引きが50万円、下取りが30万円ふむふむ!

 

 

 

 

まだ行けそうだな・・・(。・ω・。)

 

 

 

心を鬼にしつつ、半分ニヤケ顔で即決を断る。代わりに、週末にはゴルフかV40か絶対決めると約束して、家路につく。高い車とはいえ、V50を買った時は30万円しか値引きがなかったし、今回のセールス氏はやる気だな。

 

フォルクスワーゲンさんへ連絡して、ボルボで好条件が出たと伝える。値引きよりも車で決めてくださいって言ってくる。

 

いや、ボルボいい車だし。結局ワーゲンのセールスさんには、いろいろケチが付いてしまった。高額商品って、信頼できる人から書いたいんだよね。

 

この言葉でフォルクスワーゲンは断り、ボルボ一本勝負。週末、いざ出陣!

 

ボルボ商談3本勝負

ボルボディーラーのXC40
時々思うのは、この時にXC40が出ていたら、間違いなくそちらを契約してたよなあってこと。ま、それはともかく、値引き勝負最終決戦だ!

 

勝負の週末、ボルボディーラーという戦場へ到着。フォルクスワーゲンは断った、ボルボに決めるから最後のお願いを聞いてくださいって言い放つ!

 

ありがとうございます、というセールス氏。これから苦しめるんだけどね(笑)

 

それでは、最後のお願いそのいち!

 

セールス氏 そのいち?最後いくつあるんですか!?

まこまち  12月に入れ替えようと計画してたのだから、ひと月前倒しする分、値引き頑張ってよ!

 

すると、値引きは限界なんですが、ちょうど今日、月末特価キャンペーンの日なので。その報奨金を使っちゃいます、だって!

 

値引きが61万円。サクッと10万円増えたじゃんよ・・・

 

天気が良いと不動産売却の話も進む

 

ハンコを机の上に出します。押すよー押すよー、でも、某月刊自家用車ではこれで終わるまい!お願いふたつめ!

 

まこまち  フロントパネルを木目にするオプションをつけて!(5万円相当のオプション)

 

ちょっと沈黙して、セールスさんが一言。

 

セールス氏 もう、ありませんよね?

まこまち  ありますよ?

セールス氏 さ、先に伺ってもよろしいですか?

まこまち  ポリマーコーティングつけてほしいなぁ〜

 

 

 

少し考えている様子。ちょっと無理があったかな。そこで家内がすかさず、保険はボルボディーラー純正のでいいよっと一言。

 

あれ、ちょっと高いんだよね。半損の時に新車に乗り換えられるオプションが魅力的だったけど。値引きを押し込むときに突っかかったら提案しようと、あらかじめ決めておいたんだ。

 

ここでセールスさんもオッケーを出してくれた!やったー!

 

最終的には、値引き 718,556 円 + 下取り 300,000でした。

 

これに決めました!

ボルボV40でビーナスラインを紅葉ドライブ
パッションレッドが輝かしい、VOLVO V40 D4 Momentum に決定!購入した2016年は、まだまだ値引きのゆるい時期で、100万円超えもあったそうな。

 

9年間ほとんどトラブルもなく頑張ってくれたV50。

 

大事に引き取ってくれそうなところは、やはりディーラーかなと思って、ボルボディーラーに引き取ってもらえてよかったです。

 

値引きは大きくしたいけど、保険は加入するとか、ディーラーとの付き合いは気持ちいい関係になるように努めた結果、大変満足な買い物をする事ができました。

 

かみさんとの連携は、ディーラーに来る前に話し合っていたほうが無難です。セールス氏に対する敵味方の役割を決めておくと、話をうまく繋げられます。妥協案もしっかりねっておきたいですね!

 

 

と、締めくくるのが「月間自家用車」風かな!?おつきあいいただき、ありがとうございました!(笑)