【車乗り換えエトセトラ:①】私はこうしてプジョーを選んだ

車乗り換えエトセトラ。今回は単純に、プジョー308swを選んだ理由を語る。

ベニヤ板が乗るクルマが欲しいというのは、本当。SUVでも良かったのだが、意外と奥行きが短い車種が多いのだ。荷物がたくさん詰めて、スポーティで、デザインが良い。そのようなクルマは数多くある。

そこで、先にクルマ選びの要素を決めておいた。

クルマの選定基準を決めておこう

クルマを選ぶ時は、目的をしっかり持つ必要があると思う。でなければ、見に行ったほとんどの車を欲しくなってしまう。

今回、ルノーメガーヌワゴンは試乗しなかったけど、これは明確に選ぶ基準を設けていたから。乗っていたらどうなったことやら。

私も家内も、走るクルマが好き。乗ったら最後、メガーヌ推し祭りになるところだったと簡単に予想がつく。レカロシートがとても気持ちよかったし、下手をすればイエローのメガーヌスポールに手を出していたかもしれない。

車選び選定ポイント

それを回避できたのは、乗り換えの基準を以下のように決めていたから。

項目
支払い ローンで月々 35,000円 ボーナス月加算 100,000円
エンジン 環境対応エンジン ディーゼルが最高
サイズ 問わず
スタイル 絶品
インテリア できれば絶品
荷物 ベニヤ板が積みたい
安全装置 バックモニター

速度追従式クルーズコントロール

カーテンエアバック

 

こうやって決めておくと、迷ったときにとても助かる。そもそも、クルマが大好きなんだから、試乗する度に迷う候補が増えていくわけだから(笑)

 

各項目について、少しだけ解説すると。

支払い

皆さん、他人の財布は気になるでしょ?(笑)

我が家の車へあてられる支払額は、35,000円だ。ボーナス支払いは追加 100,000万円。もしもこの価格よりも安いようなら、期間を詰めてでもこの価格に合わせる。

ローンは短く済めばそれに越したことないし、下取りの時に差額が頭金になるから。

また、少し良い車に乗るとしても、残価設定ローンで調整する。最後の支払いを増やすわけ。調整不可な車は乗らない。

頭金をしっかりと入れられれば、V60くらい( 500万円 )まで手に届く。今回は初めてのフランス車に乗る為、ほどよい価格の車に決めた。カングーならさらに安かっただろうね。

スポンサーリンク

エンジン

エンジンは、最低ラインがハイブリッドカー。できればディーゼルエンジン。軽油の安さは、まだまだ捨てがたい。

MINIのプラグインハイブリッドを32時間借りた事があったけど、とても面白いが実用ではないと感じた。そもそもマンション暮らしだし、バッテリーの充電が切れた時、1.5リッター3気筒エンジンはガソリン大食いエンジンへと変貌してしまった。

エンジンの色気も重要。

事前にマツダのディーゼルエンジンに試乗していた。明らかにプジョーのそれには、色気があると感じた。

ボルボのD4と比べても、音に色気を感じる。ボルボはダイナミックな軽やかさを、プジョーは洗練された爽やかさを感じた。

マツダは、「ブフフフフフフ」

ボルボは「ドゥルルルルルル」

そしてプジョーは「クルルルルルル」。

プジョーの1.5L BlueHDi のトルク300Nmは、ボルボのT4エンジンと同じ実力。燃費は21.4km/L。空気力学でV40に劣るワゴンボディの308SWだが、ロングツーリングが楽しみなスペック。光り輝いた項目だった。

プジョー 308 フロント

惚れたからだけど、世界最高のディーゼルエンジンなのでは?と思う、PSAグループ 1.5Lディーゼルエンジン。

サイズ

V40ですでに全幅 1,800mmだったから、これ以下はないだろうと考えていた。

もしも立体駐車場に入れば最高。プジョーは 1,805mm 。この 5mm で車庫証明が降りなかった。残念!

カングーも考えていたから、屋外駐車場は視野にいれていた。自動車選びでサイズを気にすると、欲しい車がかえなくなってしまうよね。

スタイル

なにせボルボV40が絶品スタイルだったから。これ以上は求めなかったけど、あまり低いのも嫌だ。

ルノー・カングーのスタイルには惚れ込んだ。丸みを帯びたキュートデザインは、それだけで欲しい逸品。

ルノー・メガーヌ。危なかった。ふぅ。

プジョー・308SW。結構好き。顔はアルティメットデザインなんていうけれど、全体的に丸みを帯びていてファミリー感があってよろしい。パノラマガラスサンルーフで、天井がブラックに仕上がるのが最高。508SWには無い強み。V60にも無い強み。

インテリア

なにせボルボV40も…と言いたいところだが、私の中の最高はV50。とてもシンプルで最高だった。あまり変なインテリアでなければ良いが、クルマというのはいつもインテリアを眺めているもの。ケチはつかないに越したことはない。

写真ではかっこよく見せているけど、やはりつまらないカングーのインテリア。バスみたいで面白いんだけどね!

荷物

荷物を運べることは大事。V40は大人サイズ4人だと、お土産が詰めない。旅行先で荷物のことを考えるのはとてもさみしい。

キャンプにも行けなかった。ここも改善ポイント。

そして実現したかったことは、「リアのゲートを開いたところに座って食事が取れること」と「ベニヤ板が乗ること」。リアゲートを開いて座る、というのは、サービスエリアや道の駅でリラックスできるから。積んでいた椅子を出せば、ちょっとしたパーティー会場の出来上がり。

せっかくの旅行先。同じコンビニおにぎりでも、車内で前を向いて食べるよりは、外を向いてみんなで食べたいよね。

ベニヤ板はDIYの為。ベニヤ板のサイズは、縦 1,820mm 、横 900mm が一般的。このサイズ、車中泊サイズなのである。

安全装備

バックモニターは欲しい。ナビがついていなくても、バックモニターは最高に欲しい。ガイド付きでないと嫌だ。これがないとバックできない(笑)

プジョー308SWは、アラウンドビュー(360度ビュー)も搭載していた。使ってみると、ものすごく便利。

カーテンエアバッグも欲しい。リアシートの命を守れるのは、カーテンエアバッグしか無いというのに、標準化はまだされていない。カングーにはついていて、カローラについていない不思議。新型カローラの車格は上がっているようで、上がっていない。

速度追従式クルーズコントロール。自動停止するタイプ。プジョーにもようやく搭載された。308SWを選んだのは、この装備がついたことが大きかった。まだしっかりと検証はしていないけれど、高速道路がとても楽になるこの装備は、かかせません。

 

各クルマの評価

こういう選定基準を決めておいて、迷ったときにはポイントの多いクルマを選べば、後悔しなはず!

まずは乗り換え前のV40を見ておいて、そこからポイントアップできるか確認をした。今欲しいポイントを抑えておくと、車選びは成功するはず。

ボルボ V40 D4

項目 採点
ローン 35,000 円
エンジン ◎ 400Nm de 20km/L ディーゼル
スタイル ◎ かっこいい
インテリア × 最新ボルボよりオーソドックス
荷物 × サイズの割に詰めるけどね
バックモニター ○ 普通
速度追従クルコン ◎ 絶大なる信頼性
カーテンエアバック
ポイント 9 point

はっきり言おう。エクステリア買い(笑)実は、今回の項目にはない「シートの出来の良さ」は世界最高峰だ。このポイントで評価すると、世界中のクルマ全てがポイントを落としてしまう(笑)

パッションレッドで華やかなV40。いままでありがとうございました!

ボルボV40でビーナスラインを紅葉ドライブ

プジョー・308SW

項目 採点
ローン 35,000 円
エンジン ◎ ディーゼル
スタイル ◎ かっこ可愛いと思う
インテリア ○ とてもシンプル
荷物 ◎ ベニヤ板完全搭載
バックモニター ◎ 360度ビューつき搭載
速度追従クルコン
カーテンエアバック
ポイント 12 point

完全に自分の趣味に合った(笑)

V40ではあきらめたパノラマガラスサンルーフを積んでも、V40よりも頭が振られないのも良いポイント。天井が重くなるのでクルマの動きが雑になるのが常だが、プジョー308SWは足回りが良いからか、気にならなかった。

おかげで、ボディカラーが白でも天井が黒くてカッコいい!

最近はルーフ〜ピラーが黒いクルマが増えてきた。XC40もR-Deignがそう。ルーフだけ黒いのは若干古めかしいけれど、とてもカッコいいと思いますよ!

プジョー 308SW

写真はいずれ貼り替えます!!

ルノー・カングー

項目 採点
ローン 35,000 円
エンジン × 1.2L ハイオクガソリン
スタイル ○ めちゃ可愛い
インテリア × 営業車みたい
荷物 ◎ ベニヤ搭載状態で3名乗車
バックモニター × 要オプション
速度追従クルコン ×
カーテンエアバック
ポイント 5 point

モデルの古さが目立ったカングー。ポイントで見れば低いのは一目瞭然だった。

しかし、色褪せると言われていても欲しくなるのもカングー。荷台に茶の間を作りたかった(笑)DIY精神をくすぐり過ぎるクルマで、諦めるのが大変だった。

以下、参考にどうぞ(笑)

ルノー・メガーヌ

項目 採点
ローン 35,000 円 × ちょっときつい
エンジン × スポーツエンジン
スタイル ◎ かっこ良すぎ
インテリア ○ シンプル
荷物 × 考えてはいけない
バックモニター
速度追従クルコン × 気合
カーテンエアバック
ポイント 5 point

ポイントを出しておいてよかった、状態のメガーヌ。クルマそのものを楽しむなら、フランス車では一番かも。ルーテシアも気になるけれどね!

ルノーメガーヌ フロント

MINI CrossOver ALL4

項目 採点
ローン 35,000 円 × ちょっときつい
エンジン ○ プラーグ・イン☆
スタイル ◎ 可愛い
インテリア ○ 丸すぎ
荷物 ○ ベニヤは無理だけど荷物は乗る
バックモニター
速度追従クルコン
カーテンエアバック
ポイント 8 point

コンパクトサイズで最高の積載性と居住性。プラグインハイブリッドとしては破格の500万円切り!燃費は箱根ドライブで18.7km/Lで優秀。家に充電設備が無いと活かせない。

MINI プラグインハイブリッド

 

雑記

自分の求めていた車なので、ポイントが高いのは当然。

けれども、先にポイントを割り振っておけば、間違った車選びをせずに済みます。私の場合、V40はV50の後継にはなりませんでした。その代わりに、楽しいボルボライフを提供してくれたわけ。良い車でした。

車はインスピレーションで買うべきだと主張した私。でも、ポイントも割り振っておけば、そのインスピレーションは間違いではなかったと確信できます。

みんなも、参考にしてくださいね。

しかし、ポイント表にしたとしても、ボルボV40の実力はすごい。いい車だった(^o^)

さて、この車選びが本当に成功したのかは、2月8日の納車以降にわかります(笑)今からワクワク!

プジョー情報はしっかり伝えていきますから、お楽しみに!

スポンサー・広告