偽りなしの輸入車選び Peugeot 208 GTLine

なぜ輸入車を薦めるの?

 

それは、人生に花が咲くから。なんとも唐突な発言だけど、私としてはこの答えを一番伝えたい。人生の主役はあなた自身ではあるのだけれど、演出するのは貴方だけではないのだから。

 

こんな意味のわからない試乗記をお伝えするのも、偽りのない輸入車選びです。楽しんでね。

 

Peugeot 208 エクステリア

 

偽りのない輸入車選び Peugeot 208 GTLine

かっこ悪いとは言わせない

輸入車を選ぶ年齢は人それぞれだし、選ぼうと考えるきっかけも人それぞれ。当然、私がブログから強制するものでもない。でも、あなたが笑顔になるのなら、積極的にオススメしたい。

 

Peugeot 208 はそんなクルマ。

 

例えば、あなたがとても若い方だとする。当然、まだまだ安月給(笑 あ、失礼。)だとするじゃない。Peugeot 208 は、そんなあなたにも手の届くクルマ。だって 250 万円で手に入れることができるんだから。

 

小型車だけど 3 ナンバーで意外とワイドだし、凝縮感のあるフォルムも良い。しっかり外板には抑揚があるから、かっこ悪いとは言わせない。そもそも、フランス生まれのクルマである。日本車なんかに負けるものか。

 

Peugeot だからといって、牙のようなデザインだとかに目をとられないように気をつけて、全身を見てみようよ・・・細部にまでこだわったあとがわかるでしょう?バランスがよいでしょう?

 

Peugeot 208 GTLine エンブレム

Peugeot 208 サイドミラー

Peugeot 208 リア

 

小さくても幸せを掴める

Peugeot 508 のようにとは予算上無理だけど、少し鼻の高いボンネットには勢いがあるし、グリルやバンパーの造形はBセグメントの上を行く。これならきっと、彼女(彼氏?)も喜ぶに違いない。

 

そもそも、今はエコの時代。積極的に小さいクルマを選ぶことだって、エコロジーなんだ。燃費の良い車を選ぶことは、家庭を意識するのなら当然必要なスキルなんだ。

 

けれども、パノラマルーフはつけられるなら付けておきたい。名字を同じにする人と、恵まれるであろう宝の為に。家族で空を見上げてさ、楽しい思いでを作ろうよ。Peugeot 208 なら、幸せなカーライフが叶うかもしれないよ。

 

Peugeot 208 パノラマガラスルーフ

※ GTLine のみのオプション装備です

 

スポンサーリンク

軽いは正義だ エンジン音は正義だ

しかし、日本人は質実剛健が大好きだ。センスよりも機能性だ。外板がペラペラの軽自動車だって、マイルドハイブリッドを入れてみたりしてしまう。クルーズコントロールが入ってしまう。

 

考えてみて欲しい。そのカーライフは、楽しいものだろうか。保険料や維持費を払うに耐えられるものだろうか。

 

Peugeot 208 は、軽自動車よりは当然、高価。でも、8 年くらい乗ることのできる「飽きの無さ」は断然、上だ。

 

勢いのあるエンジンは、ゴロゴロと3気筒ならではのノイズを感じる。けれども、これが適度にスポーティ。ガソリンエンジンに乗っているんだっていう音がする。そもそも、B セグメントカーにおいては、遮音性なんて気にするほうがいけないんだ。

 

音を遮るには色々な遮音材を入れる必要がある。過剰に入れれば静かにはなるけれど、その分重量だって増してしまう。軽いは正義。軽さに勝る燃費向上策はないんだよね。

 

そして、クルマの性格を感じるならば、エンジン音は適度に聞こえたほうが楽しいぞ。このバランス感覚、さすがは Peugeot って言いたくなる。

 

Peugeot 208 コックピット

 

輸入車の Peugeot の醍醐味

足回りはしっかり Peugeot で、ビックリするくらい、ものすごいストローク感を味あわせてくれる。

 

前輪はストラット、後輪はトーションビーム。Peugeot 3008 まで同じ構成で作ってきた足回りには、知恵がたんまり詰まってる。新開発のサスペンションだとかの他メーカーのイメージ戦略を気にしなければ、世界屈指の味わいのサスペンションを手にすることができるんだ。

 

直進道路でのデコボコの捉え方はとても上手で、穴があったら足を延ばして入れているような感覚で。路面のザラザラは感じないとは言わないけれど、高い質感を感じるし、揺れの少なさは B セグメントとは思えない。

 

Peugeot 208 GTLine タイヤ

 

カーブを曲がっても路面の凹凸でクルマがズレる印象は無い。クルマの軽さが効いていて、余計な横Gを感じないのもGoodと思う。試乗車は走行距離 400 km であったのだけど、まさかこんなに足が動くなんて!と驚いてしまうほど。

 

私の愛車 Peugeot 308SW は、走れば走るほどサスペンションが気持ちよくなっていった。きっと Peugeot 208 も、そうなるに違いない。プジョーを選ぶ醍醐味は、プジョーに乗らなければ判らない。

 

スペックを気にしてクルマを選ぶと、優秀なクルマに乗る機会を失ってしまうかもしれない。その感覚を具現化するのが、Peugeot 208 なのである。

 

様々なバランスの上にある性能と 自分の腕で楽しもう

その、それぞれのバランスの良さのおかげだろうか。フットワークの高さが光る。

 

姿勢制御は Peugeot 508 に勝るとも劣らない。クルマの真ん中でくるっとまわる感覚は同じようなものがある。軽さも加味して考えれば、508 よりも高い運動性能の持ち主かもしれない。

 

・・・いやいや、Peugeot 508 のフットワークは、電子制御のサスペンションとのリンクもあって、かなり優秀。カーブを超えた先のカーブに、簡単に挑むことができる性能。それは、カーブの出口で姿勢がすでに整っている感覚だ。残念ながら、Peugeot 208 にはこんな性能はついていない。

 

だから、そこは「腕」でなんとかしよう。i-Cockpitをグリグリ動かし、こんな遊びができるのも、小さくって軽量な Peugeot 208 だからである。

 

Peugeot 208 コックピット

 

笑みの溢れるインテリア

先程は若者にオススメしたいと言ったけれど、私としてはもう一つ、このようなコンパクトカーを人生の終盤に手にしていたいと思うところもある。

 

二人で歩んだダイジェストを笑いながら、小型であるのに余裕のある Peugeot 208 に乗って走れば、国内どこにでも遊びにいける。ISOFIXアタッチメントもカーテンエアバッグも付いているから、孫が来ても安心だ。

 

妥協の無いインテリアは上級の 508 と似たようなテイストだから、満足感も高い。個々の質感を予算の許す限り高めた Peugeot の本気は、大人であれば「くすっ」と笑いながらも納得して乗れるはずだ。

 

だってさ、あまりにも 508 に似ているのだもの。

 

Peugeot 208 ダッシュボード

Peugeot 208 シート

 

ダッシュボードは革張りではないし、シートはファブリックであるかもしれない。それは日本人の好む「機能性」を優先した結果だろうし、不要なコストをかけずにオシャレを演出する Peugeot らしさも感じることができるんだ。

 

例えば、室内に溶け込むように張り巡らされた青と緑のステッチに、手で触るところだけでも質感を良くしようとシートの一部は合皮にしたり、フレームレスのルームミラーを装着したり。ほら、妥協なんてどこにもないでしょう?

 

ただ、他の Peugeot と2台持ちをするのなら、片方は旧世代か(まだ見ぬ)新世代かのどちらかにしたいものだ・・・あまりにも 508 に似すぎていて、昼寝したあとに目をさましたら、どちらに乗っていたかわからなくなるかもしれないからね(笑)

 

Peugeot 208 コックピット

 

人生のエッセンスに輸入車を選ぼう

カーライフというのは、やはり楽しいエピソードが多いほうが幸せだ。

 

けれども、人生には色々なことが起こる。出会い、別れ、運命。気軽に語ることのできるものではないだろうけど、辛さと悲しさと、そして嬉しさや楽しさを。クルマとともに過ごしていきたい。

 

あの人の涙を拭うのもいいし、一緒に泣くのも良い。満面の笑みは、辛さを一緒に乗り越えたときに生まれるものなんだ。

 

実用的な機能性を追求するのも良いだろう。故障の少ないクルマを選ぶのも、間違いではない。

 

でも、例えば人生の後半で笑い会えるような、クルマにまつわる汚点をつくってみるのも、悪くないのではないだろうか。フランス車、Peugeot、そして、多分選ぶ事は最後になるかもしれない、ガソリンターボ。

 

Peugeot 208 には、人生を楽しむ為の色々が詰め込まれている。そう感じる、今もっともオススメなクルマのひとつである。

 

Peugeot 208 リアシートからの眺め

 

Peugeot 208 GTLine Spec

プジョー 208 1.2L エンジン性能曲線

※エンジン性能曲線は、monogress の独自研究資料で、メーカー発表のものとは差異がある場合があります。

 

紹介車 Peugeot 208 GTLine


Engine 1,199 cc Line 4 DOHC Engine

Max Power 100 ps

Max Torque 205 Nm

Width 1,745 mm

Length 4,095 mm

Height 1,445 mm

Weight 1,160 kg

WTLC 17.0 km/L

安全装備 6エアバッグ / アクティブセーフティブレーキ / ACC / レーンポジショニングアシスト / ブラインドスポットモニタ 等

※ 安全装置は、GTLine と 他のグレードとで違う場合があります。

あとがき

なんだか、臭い文章になってしまいましたが、私の率直な意見です。

 

子供の成長期には、乗ることのできないクルマの一つ。それが小型ハッチバックです。どうしてもエステートとかSUVに目が行きますが、予測できない子供の成長を考えると、致し方無いと思います。

 

だからこそ、子供のできる前、できた直後、もしくは、子供が離れたときに。このクルマは真価を発揮すると思っています。

スポンサー・広告