【ゴールド・ライン】ボルボV40 クラスを超えたインテリア

ゴールド・ライン。

 

私がボルボV40を送り出す上でつける言葉。

 

我が愛車V40は私の手元を離れるが、その類稀な才能があれば、まだまだ現役で生き続けることができる。

 

いくつかのエピソードとともに綴るこのコーナーは、これからボルボに乗る人、ボルボを考えている人、ボルボの所有者、ボルボを手放そうとする人すべてに送る、ラスト・ラブソングである。

 

ワーゲンVSボルボ 決めては内装にあり

クルマの出来が良いVWゴルフ

ボルボV50からV40に乗り換える時、それは選択肢がすでにひとつ、V40にしかなかったのだが、インテリアの質感には驚いた。念の為と、同じクラスのライバル車、フォルクスワーゲンゴルフ・ヴァリアントを試乗していたのだが、ゴルフのポリシーは受け入れられなかった。

 

しかし、クルマの出来の良さはゴルフはすばらしく、試乗車でディーラーから車道へ出る時には、すぐに「これは良い」とわかるくらいだった。

 

 

セールス 本当にいい車ですので、すぐにわかりますよ。

まこまち どれどれ・・・

 

 

小さな段差を、「トン」と降りる。車全体をクッションにするような動きにびっくりする。

 

 

まこまち これは、すごいね(笑)

家内   リアシートも広くて乗り心地がいいよ

 

 

1.2リッターターボエンジンは必要充分だが、モアパワーが欲しい。1.4リッターも用意されているので、高速道路主体なら1.4リッターが良いとプッシュされた。

 

クルマ全体では満足感の高い商品。会社の同僚も買うわけだ。

 

しかし、一点気に入らないことがあった。インテリアだ。ボルボV50はシンプルな中にもオシャレ感があって、不要なマテリアルを排除しつつ、必要なスイッチを一番豪華なセンターパネルに集約。チェアのようなウッドパネルが素晴らしいクルマ。

 

対してフォルクスワーゲン・ゴルフは、ワーゲン共有のデザイン言語なのだろうが、機能は整然と並んでいるけれど何かがうるさい。

 

これに付き合っていくのは大変かも。そう思い、改めてボルボV40を見に行った。

ボルボのコックピットを除く

センスで強いV50 質感で勝るV40

ボルボV40は、ボルボV50に比べればシンプルさに欠ける。

 

センターパネルは一枚板からウッドパネルに変わってしまったし、ドアの内張りも普通のクルマになってしまった。けれども、メタルパーツを巧みに使い、トータルバランスを上げてきた。

 

サスペンションはゴルフには劣る。エンジン・パワーはV40に軍配。車内はV40のほうが狭いが・・・

 

 

まこまち クルマの挙動がV50に似てる。判りやすいや。

家内   革シートは嫌いなんだよね。ファブリックが良いなあ。

まこまち 中間モデルがファブリックだったよ。あっちで良くない?

家内   そうなんだ。ダッシュボードが随分あがったよね。

まこまち 前は見にくくなったね。歩行者用エアバッグが入ったからかな?

家内   そんなのあるんだ!すごいね。

まこまち 安全性が高いのがボルボだもんね。多少は諦めかな。

家内   メタルのパーツは目につくけど、結構うまく入ってるよね。

まこまち うざったくない程度なのが上手いね。ひとつ高いグレードのクルマみたいだ。

家内   いくらなの?

まこまち これはInscriptionだから、450万円くらい?

家内   2つくらい高いグレードじゃない!?

 

 

とはいったものの、乗り味の良さとシートの気持ちよさは素晴らしく、家内ご希望のファブリックシートにしても、インテリアの質感が落ちないとわかったのでボルボV40に収まった。

 

2リッターディーゼルエンジンの400Nmのパワーは秘密にしても、20km/Lの燃費も決めて。ほんとうに、いい車に出会ったものだ!

ボルボV40インテリア フロントパネル

ボルボV40インテリア コックピット

ボルボV40インテリア harman/kardon

ボルボV40インテリア ドアスイッチ

ボルボV40インテリア ドアスイッチ

ボルボV40インテリア エアコン

ボルボV40のフロントシートイメージ

ボルボV40のコックピット

 

 

白の本革シートは、V40 Inscription。黒のファブリックシートは、V40 Momentum。

 

 

ボルボのインテリアは、他のメーカー車とは一味違う。

 

私の感覚では、ボルボはクルマのインテリアとしてデザインしていないように思う。もちろんボルボは、シートの構造にまで安全思想をつぎ込んでくる大セーフティメーカーだが、その匂いを感じることは無い。

 

ホテルのラウンジのような、リビングソファーのような、ファーストクラスのような。運転席以外ではクルマというよりはリラックス空間だ。コーヒー片手に流れ行く景色を楽しむための場所。

 

だから当然のように、インテリアカラーやシートカラーで「コーディネート」されてくる。どのインテリアを選んでも、コダワリさへなければ最良の空間が手に入るのだ。

 

ボルボV40で紅葉ドライブ 原村と青空をローアングルで

スポンサーリンク

中古で選びたい方へ

ウッドパネルはInscriptionの標準装備品だが、Momentumにオプションでつけることが出来る。中古でMomentumを選びたい人は、気をつけるポイントだ。

 

ドアの内張りはシートの素材と紐付いている。Inscriptionは本革で、Momentumはファブリック。

 

ボディカラーとインテリアカラーに一定のパターンがあることも注意点。私の好きなボディカラー「パッションレッド」は、黒い内装しか選べない。それでも質感は充分高い。

 

その後、子供が大きくなって手狭になっていくのだが、2名乗車がメインであれば、今でもオススメのクルマである。

 

スポンサー・広告