我が Peugeot 308SW の陽気な一年点検記

土曜日に、プジョーディーラーに行ってきました。車の一年点検です。運命的な出会いだったセールスさんは退社され、新しいセールスさんが登場。なんと、外人さんでした。懐深いディーラーだなあ。

 

サービスパックでついているオイル交換をお願いして、息子と一緒にディーラーに置いてあるクルマを見て回る。

 

受付の女性に一台試乗させて欲しいとお願いすると、二台でも三台でもって話になって、リフターもどうぞと薦められた。とりあえず最新モデルに乗りたいからと、e-2008に乗りました。これがディーラー点検の醍醐味だよね。

 

Peugeot 2008 ヘッドライト

 

Peugeot 1年点検日記

まこまち EV試乗車 e-2008 にはエンジンがついていると言われる

Peugeot e-2008の詳しい評価は「偽りなしの自動車選び Peugeot SUV e-2008 GT Line」にお任せするとして。この記事を読んで、ハテナのついた方、いらっしゃいませんか?

 

そうです、なんと、エンジンが乗っかっているんですよ!!ボンネットフードを開けてビックリ!

 

でも、そんなわけない。EVにエンジンが乗っているわけがない。これをセールスさんに聞いてみた。

 

Peugeot e-2008 ボンネットの中にはエンジンが?

 

まこまち   セールスさん、どうしてここにエンジンみたいなものが入っているの?

 

セールス氏  ええ、これはエンジンなんです。

 

まこまち   ・・・え? ち、違うでしょ?エンジンなわけないでしょう?

 

セールス氏  はい、違います。エンジンではない、EV用の補機が入ってるんです。覗いてみるとスカスカですよ。

 

おおう、やるな外人セールス氏。洒落なのか本気なのか、日本語が通じていないのか、顔色から見抜けないぞ、ぐぬぬ・・・これからの時代、ディーラーもオリエンタル。受け入れていかねばならぬ。

 

それはともかく、e-2008のボンネットには、イロイロ必要なものが入っています。ウィンドウウォッシャーもそうだし、冷却システムも入っている。

 

本来エンジンの入っているところには、EV用の補機が入っているというけれど。さすがEV、レイアウトとか自由なんだね。どんな機能が入っているかは、わからないけれどね!

 

プジョー308SW カッコいいリア

 

Peugeot 308SW はコンディションを上げてきた

 

私の Peugeot 308SW。1年で 7700 km の走行でした。コロナの影響下で買い物や旅行で沢山走ってがんばった。一年経っても楽しいクルマなんて、なかなか無いね。

 

寒い冬が通り過ぎようとしているけれど、昨年冬のようなブレーキのギクシャクは今の所あらわれていない。どうやら、トランスミッションの学習機能のリセットに効果があったみたい。ブレーキを踏んで直結制御が解除されるところでの、クルマへの強い衝撃は無くなった。

 

ボルボでついていたブレーキの癖が、クルマに変な学習をさせてしまっていたんですね。今は Peugeot 308SW の求めるがまま、一定の踏み込み量でブレーキペダルを操作して、クルマの制御で止まるように改めて。私の不安は、とうとう解消されたのでした(^^)

 

PSA 1.5L BlueHDi Diesel Engine

 

オイル交換が済んで、気持ち元気になったような気がする Peugeot 308SW。

 

トランスミッションのギクシャクは、「M」モードで解消できた。それ以上に微速走行の挙動に慣れた。Mモードで微速走行することも、ほとんどなくなったと見て良さそう。

 

ブレーキのギクシャクも上記のとおり、改善された。気持ちの悪い動きのふたつが解消され、ご機嫌ドライブを満喫できるようになりました。

 

スポンサーリンク

新型 308 までのつなぎになる デジタル液晶メーターユニット

 

ところで!

 

オーナーとして気になる私は、マイナーチェンジ後の Peugeot 308 を探ってみました。例のデジタルメーター表示。いったいどれだけ、豪華になったか?

 

Peugeot 308 デジタルメーター

 

なるほど、随分コンパクトになってしまったんですね。左右にも使われない領域があって、なんだかコストダウンを受けてしまったように見えてしまう。

 

左右のスペースは使い道が少なそう。レーダー探知機でも置くべきか?

 

セールスさんに聞いてみた。ずいぶんお金かけたようだけど、もう少し派手な方がよかったよね?って。皮肉か!

 

そしたらセールスさんが一言。

 

セールス氏  来年には新しいのが出ますからねー

 

 

あぁ、ほんとうだ。新型 Peugeot 308 の発表は、2021年。2022年には日本到来が噂されている。図らず、なかなか信用性のある人から噂を聞いてしまったもんだ。

 

ただ、e-2008 のエンジンフードではジョーク?が出たし、どこまで信用してよいのやら(笑)まあ、クルマの点検というよりかは、プジョーに触りたいだけ触った1年点検訪問でした。

 

おまけも陽気に

点検中、近くにあるリサイクルショップに行ってみた。流石に暇だったから。

 

そしたら、なかなか良いものが見つかりました!

 

PC-9801VX

 

古き良きブラウン98と、その互換機である EPSON PC286!

 

本家98よりも10万円は安かった、互換機は欲しかったなあ。サウンドボードに互換がなくて、結局買わなかったけれど。学生時代にPC-98全ラインナップを暗記していた。たくさんハシャイだ記憶が蘇りました。

 

 

エステートを購入すると、無駄な買い物をしてしまう。大きくて何でも入るラゲッジがあるのだから、PC-98をいくつ買おうが、問題なく詰め込める。この心の余裕がありがたい。いつでも「おもちかえり〜」ができるのだ。

 

大事に使えば、リサイクルショップに置いてあった PC-9801VX のように長い年月が経っても大丈夫。パソコンもクルマも消耗品だけど、私はやっぱりどちらも好きだし、大事に使いたい。

 

パソコンを見ながら、思いもよらずクルマを大事にしようって考える。無理やりこじつけているようで恐縮ですが、そんな不思議な気分にひたった、プジョー1年点検でした(・∀・)