Peugeot 308 新型デビュー!あなたもフランス車の虜になろう

2021年3月18日、Peugeot 308 がプジョープレスリリースサイトで公開されました。

 

プジョー渾身と思える最先端なエモーショナルデザインは、見る者を魅了しそう。アイデンティティも見事に受け継がれ、ぱっと見ただけで「最新のプジョー308」だとわかるものです。

 

新エンブレムの公開のときに言われていたとおり、しっかりボディを見せてくれたプジョー。SNS でも盛り上がっていて、ご覧になった方も多いハズ。

 

――― 🚙 ―――

 

ということで、今回は「新 308」の記事になります。

 

2021年最初の記事で、「プジョー308 の公式CGは2021年5月」と予想していたのですが、結構前倒しで到来しましたね〜

※ご参考 Peugeot 新型 308 海外情報!2021年発表か

 

なかなか見どころの多い、Peugeot NEW 308。このデザイン、特にリアに向かっていく造形は大変素晴らしい。きっと売れるに違いない。プジョーユーザー、フランス車ユーザーが増えに増えるキッカケになるんじゃない!?と思わせるクルマですね。

 

まずは一気に、PEUGEOT MEDIA CENTER にアップロードされている画像をご堪能ください。その後に、私のこのクルマに対する感想を述べることにいたします(^^)

 

PEUGEOT 308 新型発表

エモーショナルなデザインは期待を大きく膨らます

出典:PEUGEOT MEDIA CENTER

 

凹凸でメリハリはあるものの、極端にエッジを効かせないデザインを採用してきました。すぐに目に馴染む、Peugeot 208 にも似たリアデザインは最新プジョーであることがわかりやすく伝わります。

 

ボンネット付近は少し大きくなった印象で、これはフロントタイヤの上面に効かせたキャラクターラインで打ち消そうと試みているように見て取れます。さらに、少し丸みを帯びさせることで無闇に「カッコよさ」だけを追求せず、柔らかな印象を醸し出している。フロントを伸ばしたのはデザインの余裕を与える一面もあるのでしょう。

 

マイルドハイブリッド機構を搭載すると見られている、パンチパワートレインの変速機であるとか、DPF装置の改良だとか、現在のクルマが大きくなる要因はさまざまです。早く性能値を公開してほしい!

※一部性能値がフランス公式ページに公開されていました。後日まとめ記事にいたします(^^)

 

これは欲しい 新型308のインテリアは次世代Cセグメントを上回る質感

出典:PEUGEOT MEDIA CENTER

 

青いレザーと見られるフロントシートは、素直に欲しいと思わせるアイテムですね・・・私の乗る 308SW TECH PACK EDITION も、ブルーのアクセントが施されたシートですが、こいつの満足感は高いんです。

 

そして数々の電動化がなされたスイッチ類。これを好まない人もいるのはわかりますが、デザイン至上主義なんですよと言われれば仕方がないぜ。

 

少し気になるのは、助手席側の水平感のないデザイン処理。斜めから見ていると分かりづらいけど、PEUGEOT 208 では水平なラインも含まれていたから、この点は気になります。コックピットがパーペキなだけに、ね。

 

また、ACCスイッチがとうとうステアリングに移植されました。慣れると使いやすいんですけどね。他のクルマがステアリングスイッチに搭載することが多いので、それに習ったということでしょうか。ゴルフに近づけたと言えなくもないですね。

 

スポンサーリンク

プラグインハイブリッドを搭載が目玉

出典:PEUGEOT MEDIA CENTER

 

私がプジョーを選んだ理由のひとつには、ACCや6エアバッグの搭載があります。フォルクスワーゲンやボルボには敵わないものの、妥協してもよい精度の安全装備が搭載されていたからです。

 

今回のフルモデルチェンジで、当然追いついてくることでしょう。すでにクルマ選びの指標には、安全装備が含まれていることは各メーカー判っているはずですからね。

 

そして、プジョーが声を大にして言いたいのは、プラグインハイブリッドの搭載のようです。それがなぜかと言われたら。

 

主な C セグメントカー 環境モデル
PEUGEOT NEW 308 プラグインハイブリッド
VW GOLF(8) プラグインハイブリッド
BMW 1 series クリーンディーゼル
Mercedes A series プラグインハイブリッド
VOLVO C40 EV
MAZDA 3 クリーンディーゼル
TOYOTA Prius プラグインハイブリッド

 

という感じで、Cセグメントのプラグインハイブリッド導入には、少し後手にまわった感があるからです。ここにさらにパワーチョイス戦略で EV を追加してくるのかが未だ見えませんが、とりあえずの実用レベルではプラグインハイブリッドに軍配が上がったということなのでしょう。

 

308 ユーザーとしては、プラグインハイブリッドモデルを選べば、マルチリンクサスペンションが手に入るというところもポイントですね。

 

プジョー308 新旧比較

大きくなる Peugeot 308 のサイズ感

出典:PEUGEOT MEDIA CENTER

 

ホイールベースは EMP2 プラットフォームの仕様に従い、55mm の増加。このプラットフォームは 55mm 単位でのホイールベース延長が可能で、SW がベースモデル+110mm なのもこのためです。新型ゴルフを相当意識しているのは間違いなく、居住性に直結するホイールベースの延長は、最初から計画されていたもののはずです。

 

全長は合計で 114 mm の増加です。これは大きなボリュームアップと言えるでしょう。合わせて全幅も広がるようで、巷では 1,852mm と言われています。ですが、旧モデルでも 1,863mm と記載されていること、ミラー to ミラーでは 19mm の増加にとどまっていることを見ると、そこまで大幅なサイズアップは無いように思います。

 

また、フロントタイヤは少々前側に寄せられたようにも見えますね。Aピラーの付け根の方向が、旧型ではタイヤの前方あたりをかすめるところ、新型ではタイヤを貫くように見えますから、これはデザイン上のアドバンテージになってきます。

 

かなり変わったのに変わらない印象は面白い

出典:PEUGEOT MEDIA CENTER

 

さすがというべきか、かなりデザインは変わりましたが、印象は変わりません。ボンネットのボリュームアップは最小限に食い止めた様子で、ミニマムボンネット&ラージキャビンの基本コンセプトに変わりはないようです。

 

私は、ちいさなボンネット、プジョー 308SW に惚れ込んだ理由のひとつなんですよね〜

 

出典:PEUGEOT MEDIA CENTER

 

クルマのデザインには「完成」は少なく、きっと新型 Peugeot 308 も通過点になるのでしょう。魅力的なヒップは、より細かい造形を見せるようになりました。背が低くなった分( -6mm )と全長が伸びたことで、安定感が増しています。

 

だからこそ、軽快に走りそうという印象は薄れたように思います。

 

新型 Peugeot 308 は、あきらかに1レベル質感を上げてきました。Group PSA の中で、よりプレミアムレンジに近づくことを目指したプジョー。この選択で、プジョーの命運はどうなるのか?

 

なんだかモヤモヤ・・・

2021年3月18日、そして19日と、SNSではプジョー祭りが繰り広げられました。私の知り合いのブロガーさんも、各々プジョー308ネタを披露。私の公開は少し遅めになりましたね〜。

 

本来ならば、現行プジョー乗りとして真っ先にブログへ公開したかったところですが、なんとも言えない感情が置きてしまい、それを阻止するのです。このモヤモヤ、いったいなんだろう?

 

野尻湖とプジョー 308 3008 508

peugeot308 i-Cockpit

 

今の愛車を大事にしているから・・・というのもありますが、どうやら私の「プジョー感」に、ある離し難い印象があるからです。

 

それは「レアリティ」。あまりに世間でプジョーを見ないからかもしれませんが、日本では「プジョー=レアなクルマ」という印象が私の中で強くって、やれカッコいいだの、可愛いだの、外見だけでは判断してほしくないアマノジャクな発想が出てしまうのです。

 

タイトルに「虜になろう」なんて書きましたが、虜になりすぎると、こんな発想が出てきてしまいます。プジョー308に、フォルクスワーゲン・ゴルフになってほしいとは求めていないんです。私のために尽くしてくれるクルマであれば、それで良い。

 

だから、ACCスイッチの撤廃は少し悲しかったりするのです。

 

peugeot 308 ACC
慣れると使いやすい、ACC制御スイッチ。今回のフルモデルチェンジで、まさか消えてしまうとは。

 

プジョーは本当にいい車で、もちろんデザインでの満足度は高いのですが、ステアリングを握りしめているときも、リアシートに座るときも、そして私も太鼓判を押してしまう、助手席の乗り心地もパーフェクトなんですよね。

 

だから、今回はデザイン面でのプレスリリースですし、一緒になって騒ぎたい感じもあったのですが、そうできなかった。いやはや、自分も随分頑固オヤジになったものだと、ゲンナリしてしまいました。

 

Peugeot 308 が森の中を走る

 

少なくとも新デザインは申し分ないし、インテリアのセンスなんてレーザービームのように心臓を貫きます。性能にしても、今のプジョーに乗っていれば期待はずれになんてなるものではないと、確実だと言えるでしょう。

 

けれども、なんと言いますか、このとても素晴らしいフランス車というものを、もっと大事にしたいんですよね。知る人ぞ知るクルマでいて欲しい。AKBの48人目が好き、みたいな?(よく知らないけどw)ピーヒャラ言いたいクルマじゃないっていうか。

 

私は密かに次のクルマとして、プジョーで言えば 3008、508、そして308SWを狙っているし、e-2008 も悪くないし。でもテスラも良いし、フォルクスワーゲンのゴルフやiD3も良いと思っています。それらのクルマを手に入れようとするときに、社会的にどれほど認知されているかというのも指標に入ってきたりします。

 

Peugeot308SW in 山梨勝沼

 

前の記事ではありませんが、「変態」なクルマは好きなんです。ワーゲンを買うときは、広く認知されたクルマを買うんだと思うでしょうから、それはそれで良いんですけど。今しばらくは「変態」でいたいんですよね。

 

だから、現行 Peugeot 308 のように、あまり沢山見られないで、売れないで、というのが正直な感想です。売れる気配がギュンギュンする Peugeot NEW 308。これは、単なる私のワガママですが、相変わらずのレア車になってほしいなあ。

 

そういう感想を抱いてしまった、新型公開の日だったのでした(^^)