プジョーNEW308に見る 新鮮で特別なプレミアム

商売とは難しい。どんなに良い商品だろうが、高すぎれば売れないし、安すぎれば怪しまれてやはり、売れない。商売とは売る側と買う側との適正価格の契約であり、商品とはモノとコトのバランスを計算したパッケージだ。

 

だから、クルマのプレミアム化は単に豪華にすれば良いわけではなく、価格を上げれば良いわけでなく、如何にしてひとつの商品を磨き上げるかに関わるのだ。そして、その商品を売る権利があるのかも、人々は感じ取る。

 

先日、プジョー308を見て感じたことを改めて綴ろうと思います。

 

新型プジョー308 HYBRIDエンブレム

 

製品の進化が著しいプジョーNEW308

素晴らしい立体造形 けれども端正な佇まい

Peugeot 新型308は明らかに良くなっていた。

 

エクステリアはT9と比べて、より華麗になった。デザインは隅々に考えねられた形跡がある。確かに308ではあるのだけれど、生き生きとした凹凸で動物のような前衛的な印象を受けるし、もともと高かった塗装の品質は一段と高くなり、新しいグリーンのイメージカラーは中々に瑞々しく、ハッキリ言ってイキが良い。

 

これなら土煙を被っても華麗だろうし、泥が跳ねても似合うだろう。磨いても様になる。ワクワクを感じるエクステリアだ。

 

牙のようなデイライトと、そこへ繋がる予想通りのヘッドライトにジロリと睨まれ、カメラを構える前に立ち尽くす。大型化したグリルはフランス人とは思えないやり過ぎデザイン。しかし違和感は覚えない。

 

なぜか端正なのである。上品というのだろうか。さっきまで褒めた野生も、不思議とスッと落ち着かせる。Peugeot 508と見比べればよくわかる。スッキリしていてエグさが弱い。

 

下手をすれば、Peugeot 208 や Peugeot 2008 にエクステリアのパンチ力は負けそうだ。

 

上位車種を食らってしまうCセグイーター 208/2008

Peugeot 208 インテリアイメージ

 

確かに、Peugeot 208は欧州カーオブザイヤーに輝いた、今や小型車のベンチマークだ。Peugeot SUV 2008はシティ派を感じるパリパリスタイルで、ジャストサイズが魅力だ。このクラスは個性派揃いで、日本にはAQUAやフィット、欧州ならばポロがある。その中でも際立った存在感が208や2008には存在する。

 

インテリアデザインは妥協をせず、Peugeot 508とテイストを整えた。ドライバーに充てがわれた空間は、センターディスプレイの場所を見れば上位モデルと大差がないことは明白だろう。機嫌のよくなるi-Cockpitはコックピットでの位置決めも車種ごとの違和感を感じない。

 

走らせてみれば4人乗りでも軽快で、特に208はフットワークも乗り心地もレベルが高い。508が電子制御サスペンションであるのに対して、208はアナログサスだ。上級車から乗り換えると、交差点ではひっくり返るかもと思うくらいサスペンションは上下するが、粘るから楽しくなる。ハイテクなんていらん、コレはありだ、最高だ!と言ってしまう実力だ。Cセグイーターとはよく言ったものなのだ。

 

Peugeot NEW 308 i-Cockpit

スポンサーリンク

Peugeot 308 はDセグイーターを目指す

改めて。Peugeot 308 に話を戻す。ステアリングを握るまでは実力は分からない。しかし、エクステリアから感じるものは確かにある。308 は、やはり208と同じ道を切り開く。

 

つまり、308 はDセグイーターを目指すのだ。Cセグメントのど真ん中から敢えて外す。強力なライバル、VolksWagenゴルフのあるクラスから、半歩先を目指すのだ。全幅を50mmも増やすのはその意思表示。

 

だが、その手法は208とは少し違う印象を受ける。

 

例えば、プレミアム化と言えば強烈なスポーツ性能だとか、徹底したラグジュアリーだとかを思い浮かべる。前者はBMW、後者はメルセデス。この2つのブランドは確立されていてわかりやすい。もしもこの世界にプジョーが入ろうというのなら、二番煎じだの中途半端だの赤魔道士だの言われてたちまち消えてしまうだろうし、プジョーユーザーは誰も望まないだろう。

 

他のメーカーが目指さない特別なプレミアム、それはいったい何なのか。

 

私はこれを、新世代の多様性なのではないかと感じたのだ。

 

価値を顧客が作り出すプレミアムカー

自動車の基本を抑えつつ先を目指す

新型プジョー308 フロントビュー

 

今回私は、インテリアを見ることは叶わなかったが、公式WEBで発表されたブルーのレザーシートにはかなりの期待をしてしまっている。眩いばかりに清々しくエロエロしいシートを、今まで見たことがなかったからだ。

 

期待させるインテリアは、308T9を所有していれば嫌でもわかる。ハイセンスな造形美とスポーティなシート(そしてステッチ!)は豪華でなくても所有する満足感を得られるし、益々良くなることは208が墨をつけてるようなもの。ルーブル美術館もきっと保証する。

 

なおかつ、ハッチバックであってもそれなりの荷物をおけるスペース。ワゴンモデルはホイールベースを伸ばして車内をリサイズするこだわりよう。実用を忘れないのは美点であり、自動車メーカーとしての責任感の現れだろう。

 

これらの前向きな想像とともに、エクステリアを眺めて周る。

 

主役は人だと言うプジョーの存在感

Peugeot 308 and 508

新型プジョー308 リアデザイン

 

ピアノブラックのあしらわれたリアハッチ。カッコつけたい人にとって最適に近いカッコ良さと、ファミリーカーとしての使い勝手の融合。

 

ボリュームの増えたボンネットに、ペラペラのタイヤ。スポーティ走行を楽しみながら、細かいインテリアディティールの可愛らしさを愛でる時間の気持ちよさ。

 

アグレッシブで端正なエクステリア。スーツでPeugeot 308の隣に立つ。半ズボンとサンダルで立つ。タイトなミニスカートで、オーバーオールで。

 

荷台から花が出ても良い、盆栽でも良い。キャンプ道具もサーフボードも(入るかどうかは別)、アンプとギターも似合うだろう。

 

なるほど、なんでも似合うではないか。しかも主役はいつでも、人だ。

 

感性を大事にする人のためのプレミアム・プロダクト

Peugeot NEW 308

 

強烈な個性の一歩手前を高品質に整える。クルマの主張は適度に抑え、Peugeot 308を持つことで得られるだろう体験の想像を誘い出す。つまりこれは、感性のクロスオーバーだ。

 

プジョーは自社の車に一定以上のクオリティを与え、確かなエッセンスの違いを与え、ユーザーに答えを求めさせる。感度の高い人を寄せ、伝染させる。わかりやすい個性から、使い手が魅入り、編み出す個性。これがプジョーの目指すプレミアムなのではないかと、私は想像してしまったのだ。

 

そして、Peugeot 新型 308はその最もニュートラルな存在だ。例え個性とエグさで2008に負けようと、走りのポテンシャルで508に負けようと、プジョーのプレミアムの中心に居る。だから、どんな想像をしても全て似合う。

 

顧客を選ばない優秀なプロダクトを創り出し、顧客のワクワクを導き出す。これが、プジョーの戦略か。商売をする上で、これほど素晴らしいことはないだろう。モノの良さとコトの楽しさをプレミアムなものとしてえるプジョーは、日本でブレークする日も近いことだろう。

 

これからのプジョーも面白いぞ

なあんて感じで!今回もしっかり自己主張な勝手記事でした!( ´ ▽ ` )

 

Peugeot 新型 308は、とてもカッコいい。そのカッコよさはなんだかとても控えめで、自分の身の丈にあうような感覚を覚えるのです。その感覚を言葉に表すのは難しく、このようなプレミアム感の表現になりました。

 

本当に不思議なクルマ。相変わらず愛着の湧きそうなクルマ。それが今のプジョーだと思います。この方向性はなかなか面白い。将来出てくるクルマにも、期待を大にしてしまいますね(^^)