まこまちの愛した過去の愛車「ボルボV40」をメインに、ボルボについて発信する記事群。ボルボの思い出を語る「ゴールドライン」や、aboutVOLVOの記事の再掲載「about VOLVO 傑作選」は別カテゴリーでも表示できます。

  • 2020年9月28日
  • 0件

エアバッグに愛を 考案者小堀保三郎に想うこと

エアバッグの祖は、実は日本人だったーーーあまり知られていない事実の理由は、日本では積極的に扱われなかったからです。日本人が発表して、海外で売られて、日本へ逆輸入される事実は、昔からのことだったようです。開発者 小堀保三郎について綴ります。

  • 2020年9月2日
  • 2件

ボルボ・シフトレバー・マニアックス!Halla 北欧インテリア!

(9月2日は3日間おやすみしたので、2記事投稿しています。)aboutVOLVOからの移植記事を、シフトレバー・マニアックス!という意味のわからないコーナーに仕立て直ししました(笑)2020年現在、2種類が存在するボルボのシフトレバー。素晴らしい北欧インテリアとの融合感を、どうぞご堪能ください。

  • 2020年8月28日
  • 2件

ボルボXC40 PluginHybridのカンファレンスの感想

ボルボXC40 PluginHybrid のカンファレンスを見た感想です。あまり良いイメージを受けませんでしたが、朗報もありました。電動化を突き進むボルボの最新のネタ、ちょっとディスリ気味です。

  • 2020年8月15日
  • 0件

ボルボV40 エアコンの効果は手動操作でカバーする

ボルボV40のエアコン制御についての、aboutVOLVOの移植/再編集版です。北欧発信のボルボV40は、夏場は弱いと思われがち。それは結構事実なところもあるけれど、手動でエアコンを操作してあげれば解決します。さあ、エアコンの設定温度を「Lo」にしよう!

  • 2020年8月11日
  • 0件

ボルボ 13年間の故障の軌跡と修理代

【aboutVOLVO再録記事】VOLVO V50、V40と乗り継いだ13年間。おかげさまでマイナートラブルだけで済み、快適なボルボライフを味わうことができました。今のボルボは大きなトラブルはおきない!という事がわかるよう、私の体験したマイナートラブルを紹介します。

  • 2020年7月24日
  • 2件

VOLVO S60/V60 2021年モデルにB3エンジンが乗るなんて!

暗いニュースの多い日は、ボルボ話で明るくなろう。2021年モデルへの搭載が公表されたS60/V60用B3エンジン。こいつはいったい何のために生まれたのでしょうか?明るく楽しく想像します。

  • 2020年6月18日
  • 0件

ボルボのドアは重いけれど必要な厚さなんだ

ボルボのドアの話。デザインだけでは語れない、ボルボの安全神話の真髄。その重さ、その厚さ、その距離は、すべて人を守るための手段なのだ。最新ボルボ・ドア・インテリア特集つき!?でお送りします!

  • 2020年6月8日
  • 4件

中古車に見るボルボ・カーリース「スマボ」の余波

ボルボ・セレクトの前を通ったら、ほとんどがV40になっていました。これは予告していた「スマボ帰り」のリース切れ車両ではないだろうか?もともと無理はあったけれど、日本でのカーリースプログラムの運用の難しさを再認識することになりました。

  • 2020年5月20日
  • 0件

XC40 MY2021 プラグインハイブリッド情報を先取り!

待ち遠しさをいつまでも忘れさせない、ボルボXC40。MY2021にはプラグインハイブリッドのTwinEngineが用意されるとか。ティザーキャンペーンを受けていない方には「ほんと?」と思うかもしれない。本当です。国土交通省の改善対策にモデル名の記載がありました。確実に導入されるとわかる今、TwinEngineのおさらいをしておきましょう!

  • 2020年5月16日
  • 0件

ボルボCEO「コロナの影響で電動化に加速」

ボルボのグローバルCEOであるハカン・サミュエルソンは、コロナウイルスのパンデミックにより、電動化が進むと発信している。これをどのように読み解くかは難しいところ。私はコロナウイルスの影響で、最悪EVに待ったがかかるんじゃないかって思っていた。

  • 2020年5月4日
  • 0件

【ボルボ好き放題】マイルドハイブリッドが来るなんて!

2020年4月23日、ボルボ・カー・ジャパンはマイルドハイブリッドをXC60とXC90へ搭載すると発表しました。イヤーチェンジ前の小変更。積極性を感じるような、T5の在庫切れが見えるような。 とにかく、環境負荷を低減する取り組み、ジックリ詳細を見てみましょう。