ボルボを選んだその訳は、やはり「安全性」が強いです。

 

子育て世代にとって、クルマでの移動は気を使います。自分のことは置いておき、優先すべきは子供の命。守れるのなら、どこまで注ぎ込んでも惜しくない。そんな方が愛してやまないのが「ボルボ」です。

 

私まこまちの愛した過去の愛車「ボルボV40」をメインに、ボルボについて発信するカテゴリー。ボルボの思い出をノベル風に語る「ゴールドライン」や、aboutVOLVOの記事の再掲載「about VOLVO 傑作選」、最新のボルボ情報を伝える「今でも楽しいボルボ話」は別カテゴリーでも表示できます。

  • 2021年8月12日
  • 2件

ボルボの「コンセプト・リチャージ」に見る ありふれない未来

ボルボ・コンセプト・リチャージの発表、ジーリーとの共同出資会社の資本比率の増加。2021年夏のボルボは、今後のボルボの電気自動車戦略を構築する上での重要な情報を与えてくれました。矢次に出された発信から、ボルボの次の戦略を導き出します。

  • 2021年5月20日
  • 0件

ボルボ チケットホルダーの楽し使い方6選

ボルボのフロントウインドウについている、チケットホルダー。駐車券を置いておくくらいしか使いみちのないコイツの有効活用方法を独自考察。おふざけ記事なんじゃないの?はい、そうです(笑)リラックスしてお読みください。

  • 2021年4月27日
  • 0件

【グレード読本】インスクリプション・ラプソディー

どのメーカーにも言えることだが、上級グレードにオプションをつけると、ひとつ上のクルマが手に届く位置にくる。ボルボでも Inscription グレードは、そんな微妙な立ち位置にある。モデルごとのヒエラルキーがしっかり見えるボルボならではの悩みを解説いたします。

  • 2021年4月12日
  • 4件

ボルボV40 D4 71万円値引きの(月間自家用車風)購入記

2016年に購入した、VOLVO V40 D4 momentum。この愛車をゲットするため、あらゆる駆け引きをくりだすまこまちの購入体験談を、月間自家用車風にお届けします(笑)きっと、楽しく読めるはず!(現在のボルボはこれほど値引きしなくなっていますので、ご注意ください。)

  • 2021年3月16日
  • 4件

VOLVO S60 格好良すぎと大評判のセダンボディを秘蔵写真で堪能してね

読者様のボルボ購入記念特別企画(^^)私の秘蔵S60写真を、たっぷり加工して公開します。日本に輸入されるボルボの中で唯一のセダンである VOLVO S60。格好良いボディは街なかでも少数派ですが、ボルボ伝統のワゴンボディとクーペの合いの子と言えるようになったボルボ・セダンは、選んでみたい一台ですね。

  • 2021年3月3日
  • 4件

ボルボ C40 発表!ボルボはEVメーカーへひた走る!

2021年3月2日、ボルボはXC40ベースのSUVクーペ「VOLVO C40」を発表。内燃機関を持たない、ボルボ初のEV専用車としてデビューします。2030年には全車EVと宣言するボルボの快進撃は、ここからはじまるのか?すでに始まっていたのか!?(笑)

  • 2021年2月5日
  • 2件

ボルボの間違いやすいサイド・ウィンドウ・トリムの警告

ボルボのウインドウトリムはおおよそ3種類。ゴムタイムのウインドウ・トリム、ピカピカのクローム・トリム、かっこいいグロッシィ・ブラック・トリム。カタログでは分かりづらいトリム類を、写真でわかりやすく説明します。

  • 2021年1月26日
  • 6件

D6があったなんて!ボルボ・ディーゼルTwinEngineってなんだ?

ボルボの電動化戦略の影で消えていくディーゼル・エンジン車。中でも興味をそそるのが「ディーゼル・プラグイン・ハイブリッド」です。大トルク+大モーターの実力はあったものの、結局販売は終了することに。その理由は、単純なことだったようです。

  • 2021年1月6日
  • 0件

2021 年夏に発表?ボルボ XC50と思われる予想CG出回る

VOLVO の新型モデルの名前に、急浮上してきた XC50。そして予想CG。果たして小型SUVが出るのか、クーペルックなXCが出るのか。ボルボの海外情報を探る中で、興味が湧いた情報「XC50」の感想などを発信します。

  • 2020年12月18日
  • 6件

グレード読本 ボルボ・モメンタムのススメ

ボルボのグレード展開において、ボトムラインに位置する「Momentum」。実は、ボルボ史上一番の質実剛健グレードだった!?敢えてMomentumを選ぶ人もいる、このグレードの魅力を解説します。

  • 2020年9月28日
  • 0件

エアバッグに愛を 考案者小堀保三郎に想うこと

エアバッグの祖は、実は日本人だったーーーあまり知られていない事実の理由は、日本では積極的に扱われなかったからです。日本人が発表して、海外で売られて、日本へ逆輸入される事実は、昔からのことだったようです。開発者 小堀保三郎について綴ります。

  • 2020年9月2日
  • 2件

ボルボ・シフトレバー・マニアックス!Halla 北欧インテリア!

(9月2日は3日間おやすみしたので、2記事投稿しています。)aboutVOLVOからの移植記事を、シフトレバー・マニアックス!という意味のわからないコーナーに仕立て直ししました(笑)2020年現在、2種類が存在するボルボのシフトレバー。素晴らしい北欧インテリアとの融合感を、どうぞご堪能ください。