心の葛藤を映し出す308SW

少し荒々しく踏み込むアクセル。

ステアリングをすっと回し、速度を落とさず駆け抜けるカーブ。

姿勢制御にはまだ慣れていない。渋く感じるクルマの動き。プジョー308SWを、私のイライラに付き合わす。308SWは私の運転を拒否するように、身体をこわばらせているようだった。

 

半信半疑の商談。

額が大きいだけに、社員4人で挑んだ。提案内容に問題は無い。きっと行ける。

今回の商談は、私の会社が下支えになって商品を支給するものだった。クライアントまでは途中に2社が入る。営業をかけた会社と、私の会社の親会社。

この途中2社に技術はなく、営業をかけるだけ。ただ最初の1社目はクライアントと直接つながっている。受注をとりたいと必死だった。

私達は要請をうけて、商品を設計し、見積もりを起こす。

 

 

ところが、私の会社の親会社は、中を抜くだけ。商談の実力も必要ない。

ここがネックであり、正にここで失敗した。商品を正しく営業会社に伝えられず、見積もりの意味も伝えられていなかった。

 

 

最後の交渉は、営業会社から直接私のところにかかってきた。

問い合わせ内容の意味がわからないから、直接お客様へ連絡してほしい。

見積もりの意味がわからないから、修正箇所を教えて欲しい。

こちらも大事な仕事をしている最中。他3名も作業中。意味のわからない依頼に困惑しながらも、平行して仕事を進める。

 

 

約6時間にも及ぶ、電話とメールでのやりとり。しかし、この体制の悪さは見抜かれていた。下請け会社から連絡が入れば、営業会社が仕事を理解していないことは明らかだ。

 

 

お断りのメールが届き、全てが終わった。

 

 

反省などしない。

イライラはなかなか収まらず、クルマを出した。

308SWはまったく、先週のような軽快さを欠いている。サスペンションは渋く感じる。ステアリングは重く感じる。

走らない馬にムチを入れるように、アクセルを踏み込んだ。

クルマは私の運転を拒否するように、いつもの伸びやかさをひた隠した。上げられないスピード。いったい、どうしたというのだろうか?

 

 

晩酌をする為に、酒屋へ行き、日本酒を買った。

パフェが食べたくなったので、スーパーへ行き、デザートを買い込んだ。

 

 

少し気が晴れたとき、プジョー308SWの乗り味は優しく戻っていた。

小さな凹凸を拾わず、路面の上下を柔らかくトレースし、大きな入力を抑え込む。エンジンは程よくうなり、右足とクルマをリンクさせた。

 

 

このクルマは、私の心を反映させるのだろうか。

イライラをクルマに受け止めておらう話はあるが、イライラが反映するクルマの話はあまり聞かない。身体をこわばらせて私の無茶は抑え込まれた。

その運転は、大人ではないね。

その運転の先は、間違うことになるよ。

今思うと、クルマはそんなメッセージを伝えていたのかもしれない。

 

 

ボルボとは違う、人への抑制。これもメーカーの思惑だろうか?

308SWを駐車場に止める。今日はありがとうと一声かけた。彼は何も言わないけれど、次は丁寧に乗るからと約束をした。

 

 

 

本日も monogress をお読みいただき、ありがとうございます。

朝5時から働いて、途中から想定外の仕事が入る。見事なストレスでした(笑)

しかし、イライラをクルマにブツケてはいけませんね。昨日はプジョーに助けられました。ボルボは優しく包み込んで介抱するタイプ。プジョーは間違っているよと教えるタイプ。

どちらも魅力的で、面白いですね。

 

以上の通りなので、本日はコンテンツの更新はありません。お越しいただき、ありがとうございました。

スポンサー・広告