熱海MOA美術館に片道2時間ゆるゆるドライブ

今回は、自慢のカジュアルエステートで、静岡県は熱海にあるMOA美術館に行く話。

 

片道2時間で行けるから、思いつきでのドライブにピッタリです。午後遅めの出発だから、東名高速道路の渋滞も回避できる。帰りは温泉行っても良いし、早く帰っても可。

 

今回は渋滞時間を避けながら、美味しい干物のお土産をゲットして帰るコースにしました。クルマの話も旅の話も、モリモリ入れてお伝えするよ!

 

308SWで熱海ドライブ

芸術にふれる旅

思い立ったらすぐ行ける 熱海ドライブ

それは、私の気まぐれだった。

 

朝10時までゴロゴロして、ツイッターでちょっかい出してた日曜日。シャッターを開けてみたら、なんだか晴れ間が見えるじゃない。

 

ツイッターでは車好きのみんなが、やれ「208見てきた」とか「レヴォーグ見てきた」とか、「湘南に用事ができた」とかアグレッシブに動いてる。

 

あれえ、私はこの土日も疲れを癒すだけに使うのか?

 

先週は娘の修学旅行準備で潰してしまった。息子を夏に遊びに連れて行けなかったなあーーーっていうかドライブ行きたいなあ、などと考えていたら、どうやら顔に出ていたようで。

 

家内    好きにして良いんだよ?

 

はふう。男というのはいつまで経っても子供だな。我慢することは覚えたけれど、かみさんはもっと我慢しているはずで。うん、今度e-208が欲しいと言ったら、私は何も言わずに「良いよ」って言ってあげよう

 

で、私のわがままで遅い夏のドライブとなりました(^ ^)

 

東名高速と黒い雲

14:00 激しい天気も楽しい時間に

東名高速を走り出したのは、午後2時だ。天気はなかなかの荒れ模様。九州地方は台風が来ていて、その余波は関東にも届いていた。

 

目の前に大きな雲が迫ってきて、一部は黒くなっている。あの下はきっと大雨だって子供が言うから、パノラミックサンルーフを開いてあげた。リアシートから眺める黒雲に、歓喜の声が上がるのが親としては嬉しくてたまらない。

 

意表をつかれて、黒雲の真下では雨は降らずに青空の下で豪雨に遭うが、変化に富む自然の表情は子供に何かを植えつけたに違いない。

 

子供にとって、新しいことに出会うタイミングに遅いということは一切ない。できるだけのリアルを、沢山あげたいなって思うのでした。

 

小田原厚木道路と雲

 

小田原厚木道路は覆面パトカーパーティ。そんなものに参加するのは嫌だから、ACCを制限速度(70km/h)に合わしてゆったり進む。

 

真鶴道路はぐしゃぐしゃの雲と波のコラボレーションを楽しみ進む。

 

熱海の海岸線

 

MOA美術館の手前2キロは、生活道路を縫って走る。かなり急な坂道と、マップのガイドが喋らない状況を気楽に笑う。Siriさん、もう少し頑張ろう(^ ^)

 

Peugeot 308でMOA美術館

 

スポンサーリンク

15:30 慣性をぶつけよう MOA美術館

MOA美術館は、NHKの人気コーナーびじゅちゅーんの特別展示を行なっている。どうやら年一やる空気。子供達は大はしゃぎ。

 

中学生だけどね!

 

私たち夫婦は美術品を見て、お互いの感性の差を感じるのが好きだ。おおよそ同じ感想を持つが、少しずれても、着眼点の違いを楽しむ事ができる。感覚が広がる。美術品は、一人で見るより二人で見た方が楽しいぞ。

 

縄文時代の土器を見ながら、何もないところからよくぞこのデザインが生まれたモノだと関心してみせる。現代人はあらゆる場所でデザインに囲まれて生きているが、縄文人は自然しかなかったはず。海の波、炎の揺らめき、見えない風となびく草。当時からインスピレーションを受けてしまう人がいたのだろうと、その人の閃きは今、自分に届いているよと、色々な感情を抱えながら心の中で想ってみた。

 

美術品を見るのは好きだし、インスピレーションで物を選ぶのは大好きだ。

 

だから自動車だってデザインを意識したり感情で選んだりするのだし、だからこそ箱型のクルマしか選べない人を可哀想だと感じてしまう。自分の選んだ物は、自分の生きた人生の答えのひとつなのだ。

 

MOA美術館

MOA美術館

MOAで虹に出会う

 

などと芸術家気取りで空を見る。館内にいる間に降ったようだ。虹が私に手を振った。

 

17:30 ほっけの干物が3枚 1,000 円 嬉しいお土産 山安で干物を買う

帰り道。暮れはじめた青い世界に、後ろ髪をひかれてしまう。MOA美術館への行きに見せた表情とは打って変わって、旅情を感じる空と海。

 

本当ならば、MOAの余韻を感じながらの熱海宿泊と気取りたいが、なにせ家が近いもので、はやく帰ろうと子供が言い出す。自分も昔、ファミコンしたくて帰りたがった記憶がある。

 

しかし手ぶらはもったいない。お土産を買おうと家内に言うと、定番の干物やさんが新しくなったから行ってみたいと言い出した。神奈川県は早川にある、山安がそれである。

 

干物でしょ?魚介類なのに山安なの?ウププ(●´艸`)というなかれ。安くて美味しい干物屋さん、山安は偉大なのである。

 

山安

 

大きなホッケが 3枚 1,000 円であったり、大きなアジが沢山入ったパックがあったり。子供の好物は野菜と魚。ハンバーグだった私とは、正反対で面白い。

 

1週間分の干物を買っても、3,000 円も満たないお会計。本当に良いの?と言いたくなるようなお値段には、秘密があったりする。

 

それは、(知っている人は知っていると思うけど)ここに売られているものの中には「B級品」と言われる物があるから。製造過程で出てしまう、形の崩れてしまった干物。そいつを安く提供してくれるから、お会計が安く済む。しかし味は一級品で、そのじょそこらのスーパーよりも安くて旨い。ついつい日本酒をやりたくなる味なのだ。

 

山安の干物(しまほっけ)

山安の干物

 

19:00 家に到着 カジュアルワゴンで行ってきた

小田原厚木道路をまったり走って、渋滞情報はいつもどおりの厚木からの 11 km。いまのところ、通過時間は 30 分。

 

私がPeugeot 308SWを選んだ理由は沢山あって、ベニヤ板を乗せられるくらいラゲッジルームの広い車を選びたかったのは何度もお伝えしている通りである。

 

そこに色々肉付けして、例えば、ある程度スポーティな走りを楽しみたいだとか、燃費の良い車が良いとか、そんな数々の希望の一つに、カジュアル感というのがありました。

 

荷物をガバガバ積んで、高速道路をゆったり走るカジュアルカー。Peugeot  308SWのAllureグレードは、まさに私が欲しかった車。今日は干物を沢山積んで、我が家をめざす。

 

高速道路の渋滞で、どの列が一番早く進むか子供たちと予想する。ナンバープレートの数字を言葉にこじつける。インター付近でホテルを指差し、エロいと罵り合う(笑)車の中がワイワイガヤガヤ。カジュアルカーのお通りである。

 

家が近づいてくるやいなや、寝てしまうのも子供の特徴。揺れの少ない Peugeot に感謝しながら、私も最後の交差点をくるりと曲がる。疲れ知らずのカジュアルカーの、フットワークを噛み締めながら。

 

本日のドライブは、燃費 24.3 km/L でした。家内も子供もPeugeotも、お疲れ様でした!

 

プジョー 308SWと小田原厚木道路

 

あとがき

えー、二回連続日記のようなものになってしまいましたが、お楽しみいただけましたか?(^^;)

 

ドライブ記事って人気がなくって、でもその理由はわかっていて、体験記なもんだから自己都合なこともあって、ついつい読み手無視になってしまいます。今回は意識的に、役立ちそうな情報をチョイチョイ入れてみました。

 

それでも・・・どうかなーつまらにゃいかなー!最後にネコ化する、ライオンユーザーのまこまちでした(笑)

スポンサー・広告