【ゴールド・ライン】ボルボV40 出会いと一目惚れ

ゴールド・ライン。

 

私がボルボV40を送り出す上でつける言葉。

 

我が愛車V40は私の手元を離れるが、その類稀な才能があれば、まだまだ現役で生き続けることができる。

 

いくつかのエピソードとともに綴るこのコーナーは、これからボルボに乗る人、ボルボを考えている人、ボルボの所有者、ボルボを手放そうとする人すべてに送る、ラスト・ラブソングである。

 

目の前に立てば一目惚れできるV40のエクステリアデザイン

V50が好きすぎて気付かなかった

そのシルエットを初めて見たのは、まだV50に乗っている最中であった。

 

さしてほしい車が無く、雑誌も読んでいなかった私には、通り過ぎたツバメがなんであったか、直ぐには分からなかった。

 

街中ですれ違う事が増え、ようやくボルボV50の後継だと知ったのは、発売されて随分と経ってからである。

 

 

V40に興味を持ったのは、会社の酒の席であった。他部署の上司が今乗っている車を聞いてきたので、V50だと答えた。

 

あの、不思議なデザインの車の前のモデルか。

 

言葉とは裏腹の悪いイメージを植え付けようとする言葉に、ボルボファンとしてはムッとしたが、V40を意識して見ることは今までなかったので逆に興味が湧いた。

 

同じ頃、会社の同僚が車検を機に、ボルボV50からゴルフヴァリアントへ乗り換えたと聞いた。ボルボから離れるのはなぜかと聞いたら、新型は荷物が乗らなくなったからだと言った。

 

他人は他人だが、輸入車で同じ車に乗っている人は少ない。希少な意見をきいてみれば、確かに荷物が乗らなくては、我が家も次はボルボではないかもしれない、と思った。

 

入り口はデザインでも性能でも良い

インターネットで最初に目に飛び込んできたのは、クリーンディーゼルの一行だ。

 

エクステリアデザインはあと。ぱっと見ナマズのように見えるV40。けれども、トルク 400Nm、燃費 JC08 20km/Lに心惹かれる。

 

子供も大きくなってきたし、荷物は多少少なくても良いかもしれない。紙おむつもベビーカーも載せなくなった。DIYはホームセンターでカットしてくればいい。

 

「ランエボ」や「インプレッサ」のような大トルクを、オートマチック車で楽しむ事ができる。なんて素晴らしい車なのだろう。

 

そう考えているうちに、我が家のV50は9年目の車検を迎えることとなった。

 

ボルボV40と桜の木

ボルボV40のボンネットズーム

ボルボV40と川崎工業地帯

ボルボV40 Inscriptionのフロントグリル

ボルボV40リア

 

近くで見るボルボV40は、ボルボならではのショルダーをそのままに、美しいドレスを纏っているようだった。

 

マイナーチェンジでスッキリした印象が強くなったフロントマスクは、やはりナマズではなくツバメで、空気の流れを華麗に捌くような印象を受けた。

 

リアがまた逸品で、過去のボルボのオマージュだかなんだかは放っておいたとして、国産にも欧州産にも同類は無い、オニキスのような輝きを放っていた。

 

 

一応、ゴルフヴァリアントには試乗した。サスペンションセッティングはゴルフに分があったが、雑味も含めて魅力の高いV40を選ぶことに、異論がでるはずもなかった。

ーーつづくーー

 

スポンサーリンク

雑記

V40の紹介記事はすべて、aboutVOLVO時代のものの流用にしようと考えていましたが、古い記事は文章が雑な為再掲載するのは「はずかしい」(笑)

 

そこで、ある程度書き直すことといたしました。

 

こういう文章ならウケがいいのでは?という勘違いをしている「まこまち」が送る、不定期連載記事です。お楽しみに。

スポンサー・広告