Peugeot 308 隠された後席用エアコン送風口と活用法

Peugeot 308SW を狙う人は、もちろんVW ゴルフだって検討するし、場合によってはルノー・メガーヌだって考えるだろう。MINIだって考えても良い。日本にいたって、激戦Cセグメントは沢山の車があって、選び切るのは中々大変なのだ。

 

それでも、外せない装備はいくつかある。人それぞれが思い描く、妥協したくない装備。その一つに「リアシート用エアコン吹出口」というのもあるだろう。

 

残念ながら、Peugeot 308SW にはセンターコンソールに送風口は装備されない。つまり、後席用エアコン吹出口は無い・・・と言いたいところだが、実はあったりいたします。

 

Peugeot 308 北八朔にて

 

Peugeot 308SW 後席用エアコン送風口

Cセグメントカーは送風口が良いところ

この書き方、引っ張り方は当然、プジョーにしようかワーゲンにしようか悩んでいる貴方に、プジョーにしたら楽しいよ!ってお誘いしたいからやってるわけ。それに monogress 的雑談にも少しは付き合って欲しいなあ、なんて思いながら書いている。すいませんね(。・_・。)

 

Dセグメントになってくると、センターコンソールにはエアコンの温度コントロールまで装備されるようなクルマが多い。リア独立式エアコンという贅沢品。リアシートに人を乗せる機会が多いし、その場合は当然、オモテナシ要素を含む場合も多いからだ。

 

・・・オモテナシというのであれば、ドライバーや助手席に座る人がお客様を気遣いながらフロントで操作すればいい話じゃないか・・・ゴニョゴニョ。でも、手元で自分の好みの温度にできるというのも、人に気を使わせることがなくなるのだから一つのオモテナシと言えるかもしれないね。

 

VOLVO XC60 リアエアコン

※写真は、ボルボXC60(Inscription)。リアシート用エアコンが装備される。

 

で、流石にCセグメントではそれは無い。ダクトがついて、送風のオンオフやルーバーの方向を変えるくらいだろう。最悪無いクルマだってある。あまり重要な要素とされていないのが、Cセグメントの後席用エアコン送風口だ。

 

そして、ゴルフには送風口がついていて、308にはついていないのだ。これで決着がついてしまうことだってあるだろう。しかしちょっと待って欲しい。

 

隠れたところから迷いながらもエアコン送風

実は、Peugeot 308SW の後席用エアコン送風口は、見えない場所に装着されています。

 

見えないものだから、無いように見える。見えないものだから、どこから送風されているのかわからない。つまり、風が当たらない。こんな状態で「装着されている」と言えるのだろうか?

 

いよいよ事実を申します。Peugeot 308 のリアシート用エアコン送風口は、フロントシートの下に隠れています。はい、結構強力に送風してくれる送風口が、しっかり装備されているのですよ。

 

PEUGEOT 308 リア エアコン送風口

この写真は運転席からシート下を覗き込んだところ。矢印のあたりからエアコンの空気がフィィーっと出てきます。

 

つまりPeugeot 308 は、冷房をつければフロントシート下から冷たい空気が流れてくるし、暖房になればやはり、フロントシート下から暖かな空気がながれてくる。夏は足元から涼しくなって、冬は足元がポカポカになる。そういうものだったのだ。

 

え?珍しい話しじゃないって?いやいやいや・・・知らない人も多いんじゃない?知っておいて得しましょうよ、皆で(笑)

 

ところで、どうも Peugeot はエアコンの出口に迷いが工夫があるみたい・・・初期モデルはセンターコンソール内に送風口があったらしいし、そういえばグローブボックスにも送風口がついてたな。素直にセンターコンソール後部にダクトを設ければ良いのになぁ(´ε` )

 

それと・・・これはなぜか取扱説明書に載っていないのだけれど、私の所有する Peugeot 308SW TECH PACK EDITION(2020年登録の新車)には、USB充電用コネクタがセンターコンソールに装備されている。オプションで2つUSBコネクタを増やすこともできる。だから、電子部品の拡張性を優先したがために、ダクトを付けることができなくなったのではあるまいか。

 

スポンサーリンク

USB給電で首振り扇風機という発想も

取り扱い説明書を読む限り、Peugeot 308SWの給電方法は「フロントUSBコネクタ」と「フロント・リアのシガーソケット」だけである。にも関わらず、センターコンソールのリアシート側にUSB給電コネクタがあるのだ。

※どこかのモデルチェンジでついたのかもしれませんね・・・

 

PEUGEOT 308 REAR USB

 

プジョーあるある、である。説明書に書かない装備。諸元表に書いておけば比べた時にライバルに打ち勝つ力になるはずが、書かないからわからないし、カタログへも書かないから乗ってみないとわからないクルマになってしまう。

 

フランス人の考え方って、わからないなぁ〜〜・・・

 

しかし、おかげでここに首振り扇風機を取り付けることができる。普通に手持ちタイプの扇風機でもよい。使う人によっては、ゴルフなどの固定式送風口よりも自由が効いて良いかもしれませんね。

 

冷たい風はでないけどね(^^)

 

嫌じゃなければ物を冷やすスペースになる

シートの下だから、人の足と同じ高さに物を置くことを良しとするかどうか、という問題点こそあるけれど、結構な強さの風力でエアコンの空気は流れてくる。となれば、ペットボトルくらい置けるんでないかな?

 

袋に入れて清潔にしておくのはもちろんだけど、サービスエリアからコンビニの無い世界へドライブに行くのであれば、ドリンクは用意しておきたい。一番いいのは冷却機能付きグローブボックスだろうけど、そちらには「羊羹」とか「すあま」とか入れておいて、疲れたときに冷え冷えの甘い物を楽しむんだ。

 

で、飲み物は足元から”ジャン!”と出てくる。いやぁーできる彼氏、すごぉーい!なんてなるかは、相性の問題だね☆

 

でも、日に当たらない一番涼しいエリアになることには間違い無いし、道の駅で買った野菜とか置いておくには良いかもしれませんね〜

 

長野ドライブ 川上村

あとがき

どのCセグメントカーが良いかな〜なんて考えている人は、モデルの古さなんて意識せずにぜひ、Peugeot 308に乗って欲しい。ライバルはVW GOLF Misterで、こいつは豪華絢爛装備満福状態。一方 Peugeot 308 は、シンプルだけど気持ちの良い空間設計。走りの性能はほぼイーブン。

 

仲間はSNSにもインターネットにも沢山いる。勇気を出して Peugeot に乗ろう。君も最新猫脚の目撃者になるのだ!!

 

ところで、フロントシート下のエアコン送風口って、別に珍しいものではないようですね。Googleさんはスバル系のウェブページを紹介してくれるけど、他にもあるみたい。ほとんどのクルマについているのかなぁ?V40にはなかった気がするなぁ・・・

 

むしろ、ベンチレーションにしてくれればいいのに(笑)

 

USB充電口はありがたい。iPad とかつけて子供にアニメ見せるとか、容易にできそうです。

スポンサー・広告