プジョー508SW 愛猫は自己中心派の最適解(試乗記)

クルマは相棒だ。

自分の手足の代わりに大地を駆ける。自分の意思を、ほんの少しの情報で伝え、クルマは拡張して解釈する。その結果を、ほんの少しの力で教えてくれる。

308SWの代車として預かっている508SWに、2日間付き合った。とても良いクルマだから、その先がもっと見たくなる。

 

Peugeot 508SW テストドライブ

感動は欠点に勝る

この後褒めちぎるプジョー508SWだが、同じクラスの車に比べて欠点が無いわけではない。

例えば、ステアリングは電動パワーステアリングである事がわかりすぎるくらいわかる。低速でユックリ舵を切れば、独特の引っかかり感が顔を出す。

時速5km/hでの微速走行は、人の希望とクルマの希望がズレる事がある。3008ほど躾は良くない。

アダプティブクルーズコントロールは、最近ようやく停止/発信機能を搭載した。フランス車はまだまだ、発達途中だ。

 

 

しかし、彼には独特の味がある。感性がある。思わず好きになってしまう、魔法がかかっている。数々の残念に目をつぶっても、感動を得ることができる。

思い返せば、508SWが心に宿っていた。

 

プジョー508SW フロント

大草原で首を振るハンターのように

508SWを借りて走り出す。

音もなくスッと前に出る。さすがは高い車、というのが第一印象。いくつかの交差点を曲がって、気がついた。

i-Cockpit云々は良しとして、小径ステアリングが最も似合う車に違いない。なにせこのクルマ、ノーズが軽い。

重さを全てクルマの真ん中にあつめたような、舵をきってクルッとまわるのがとても楽しい。このクルマは508SW、ワゴンだったはずだよな?

そう思ってつい、後ろを見た。そこは確かにワゴンの空間が広がっている。

けれども、ラゲッジがあるとは思えない。リアは脚しか感じない。その空間にあるはずの鉄の塊は、どこへ行ったのだろうか。

まぼろし?まやかし?

いや違う。508SWは、ドライバーの満足感を追求したスポーツワゴンなんだ。ドンドン楽しくてなってくる!

 

高揚感に行動が支配される

家に帰る連絡も忘れ、街中をぐるぐる走り回す。

 

1.6リッター直列4気筒ガソリンエンジンは、大きな主張をしないユニット。1,000rpmでも3,000rpmでも音の大きさは変わらない。ただただ、エンジンサウンドが調子を上げていくだけ。

頭のテッペンの少し下、エンジンサウンドが柔らかく抜けていく。高い回転、そしてノイズレス。乗る人に配慮された「こもった」サウンドは、4気筒の枠を超える。

 

適度な高揚感。

やっぱりクルマはガソリンだな!と膝を叩きたくなるフィーリング。

 

180ps/250Nmという秀でたところのないスペックは、たぶんウソ。

 

思い出したのは、遥か昔のトヨタ・チェイサー直列6気筒NAエンジン。回すだけでも気持ちいい。

だから、もっと駆けたくなった。

 

サスペンションはオリジナルが奥深い

高速道路とバイパスを使って、回り道。スッキリまわるエンジンを堪能しながら感じる、これがプジョーの猫足か。

大きな揺れ、ドゥン!これを2発で収束させる。最初はふわっと浮いて、次にはスタッと着地する。ドイツ車に見られるような、揺れを一発で収束させる硬さとは違う。

柔らかく、風のように舞っては路面に吸い付き、また舞っては、最後はしっかり踏ん張ってくれる。

 

ドライビングモードを「スポーツ」に変えてみた。

アクティブサスペンションは調整され、路面のノイズは拾いやすく変化する。舞うような動きは影を潜め、淡々と路面の凹凸に合わせていく。圧倒的に揺れが減る。

 

楽しすぎる・・!

 

でも、しばらくすると猫足に戻りたくなる。懐かしくなる。ドライビングモードを「ノーマル」に戻す。

 

何度か繰り返しているうちに、プジョーの足は「跳ねる」制御が上手いのかも、と感じ始めた。踏ん張るのはモチロンだけど、背を伸ばすように地面を蹴り、サスペンションのストロークを確保する。アスリートの屈伸のように、地面を掴む。この性能は、クラスを超えていると言えるだろう。

 

「フワスト」サスペンションと「ジャーマン」サスペンションの2つをいつでも切り替えできるなんて。贅沢! 乗せる人の好みで乗り味を変える、なんてことも出来てしまう。508SWはドライバーのワガママを叶える足回りだった。

 

プジョー508SW i-Cockpit

プジョー508SW メーター類

プジョー508SW ステアリング

プジョー508SW サッシュレス

プジョー508SW リアシート

プジョー508SW シートの質感

 

TEST CAR


Peugeot 508SW GT-Line

1.6L TwinScrollTurboEngine + 8AT

and ActiveSuspension


SIZE 4,750 mm x 1,860 mm x 1,420 mm

WHEELBASE 2,800mm

WEIGHT 1,550 kg

TIRE 235 45ZR18

PRICE ¥4,930,000

 

プジョー508SW

 

後悔と目標

508SWから降り、ぐるりとクルマをまわる。エクステリアは、躍動感を表現したようだ。

プジョー独特の濃い青が映える、筋肉質なエクステリア。今日は一台も508SWと合わなかった。オンリーワンも手に入れられそうだ。

 

ラゲッジルームは、リアシートを倒して奥行き1820mmを余裕で確保していた。これ、ベニヤ板が乗るじゃない。

 

(*´Д`)これがよかったな・・・

 

と思ったのだが、やはり308SWには308SWの魅力がある。カジュアル感や車中泊は、308SWが似合うはず。

プジョー508SW 公園にて

プジョー508SW コックピット

 

508SWは、ノーマルサスペンションでも楽しめる運動性能。これが一番の魅力だ。低い視点、低い重心。実用はしっかり抑えつつ、走る楽しさを忘れない。

セリ上がったセンタートンネル、シフトポジション。脚を当てるに丁度いいレイアウト。切り取ってみれば、色々なものがスポーティ。

 

そして、快適性は絶対に外さない。

 

あらゆるワガママを叶えるクルマ。その魅力は、乗ってみなくてはわからない。

マイナスポイントを受け入れて、大きな楽しさを手に入れる。歪んだレーダーチャートではあるのだが、クルマの楽しさを知りたい人は、必ず乗っておくべきだ。

 

 

プジョー508SW。

貴方の愛でる愛猫は、きっと何処までもついて行く。

それはまるで、目で通じ合える相棒のように、横で戦う戦士のように、いつまでも共に駆け続けるに違いない。

スポンサー・広告