【peugeot 308 vs VOLVO V40】フロントシート徹底比較

プジョー308SWとボルボV40の比較記事。今回はフロントシートに着眼する。

 

クルマで移動を楽しむ上で、シートというのは重要なポジションだ。座れれば良いという考えを持つ人もいるが、300万円を超えるクルマを購入するのであれば、シートにはコダワリを持ちたいものだ。

 

今回の要点を纏めると、以下のようになる。

  • 座り心地は明らかにボルボが一歩上。
  • ボルボは体全体を支えるシート、プジョーは腰回りをしっかり固定するシート。
  • デザインは好みにも寄る。308SW TECH PACK EDITIONの華やかさは稀。

詳しく見ていこう。

プジョー 308SW コックピット全景

比較する2車種のシートの座り心地

peugeot 308SW TECH PACK EDITION BlueDHi は 座面が硬いが快適

プジョー 308SW TECH PACK EDITION BlueHDiの運転席のドアを開けた。

「PEUGEOT」のスカッフプレートが目に入ると同時に、サイドシルがかなり太い印象を持つはずだ。ボディ剛性の為なのか、配線の為なのか、とにかく太い。

おおきな「壁」がある印象だが、包まれ感も出ている。不思議な空間デザインだ。

 

シートに腰を落とす。

身体を預けるエリアは、アルカンターラが施されている。手触りのいいアルカンターラは、ホールド感をサポートする役目も担っているようで、身体がズレないのが良い。TECH PACK EDITIONのシートは中央部が縦にファブリックになっているので、さらに快適。

手に触れるところはテップレザー。汚れのつきやすいところだから、掃除のしやすいレザー調はありがたい。

座面は硬いが、疲れる硬さではない。手で押してみるとコシがあり、張りのよい革を連想させる。

あずけている身体に馴染んでいく感覚があり、面白い。

プジョー208のリアシートで経験したような柔らかさと包まれ感は無いので、好みが合わなければAllureのファブリックシートが良いだろう。

 

クルマを発信させ、カーブを通過する。

このシートは、腰で身体を支えているのがわかる。背中の途中からお尻までが、シートと一体化したような印象だ。腰に無駄な力がかからないので、中距離〜長距離ではとくに疲れにくく感じるだろう。

ただ、左右のサポートがきつめ。背の低い人だと、このサポートの張り出しが肩を押し、疲れてしまう。大きめのネックピローなどを使って、身体を少し起こすと良さそうだ。

ボルボV40のコックピット

VOLVO V40 D4 Momentum は 卵の殻に収まるような快適さ

ボルボV40 D4 Momentum のドアを開き、運転席に座ろうとする。

扉の付け根が後退しているので、乗り込むときも降りるときも、ドアを蹴らないように気を遣う。扉も意外と大きい。スポーツカーを連想させる。

 

シートに腰を落とす。

座面は適度に柔らかく、体重を分散しているように感じる。背中から肩口で体を支えるので、卵の殻に入っているような感覚に陥る。とても快適に過ごすことができそう。

座るところはファブリックで、デザインテイストとして一部にレザーが入る「T-TEC テキスタイルコンビネーション」シートは、快適性なら本皮シートよりも上だ。

(ボルボの場合、本皮の上にファインナッパレザーシートがあって、ベンチレーション機能もつく。小さな穴から、エアコンの空気が送られてムレや暑さを取り去ってくれる。V60以上のInscriptionに装備。)

 

座面は、プジョー308SWのスポーツシートのほうが長そうだ。ボルボV40のMomentum用シートはスポーツシートでもコンフォートシートでも無いけれど、大ぶりで上品な座り心地。

万人の体を支える素晴らしさ、不思議だ。

 

Momentumの運転席には、8Wayパワーシートが装備されていて、前後、上げ下げを細かく設定できる。

一方、308SWは手動。微調整はボルボが上だし、運転席の場所をメモリーしてくれる機能もプジョーには無い。「快適」という言葉はボルボが一枚も二枚も上手だ。

ボルボV40のフロントシートイメージ

スポンサーリンク

機能の比較

308SW V40
シート地
 ファブリック TACK
 レザー・ファブリックコンビ Allure Momentum
 レザーコンビ TECH PACK / GT R-Design
 本皮 Inscription
機能
 運転席パワーシート Momentum以上に 8Way
 助手席パワーシート Inscription以上に 8Way
 運転席ランバーサポート
 シートヒーター Inscription以上

シート地の差

V40のR-Designは、オプションで 本皮・バーフォレーテッドレザーシートからNubuck・バーフォレーテッドレザーシートへ変更ができる。

308SWは日本でのベースグレードになるAllureでも、レザーとファブリックのコンビネーションシート。TECH PACK EDITIONとGT-Line、GTは、テップレザー・アルカンターラのコンビネーションシートだ。

本皮シートが選べるのはV40 Inscriptionのみになる。

体感で言えば、触り心地はプジョーのほうが上質。座り心地はボルボが上と言えるだろう。

機能の差

快適装備は308SWには一切ついていない、と言えばわかりやすいと思う。

ボルボに搭載される運転席パワーシートは、鍵でシート位置を覚えていられる。2名以上が運転する場合、ボルボが有利になる。1人しか乗らないのであれば、微調整が効くという点に目をつぶれば問題は無い。

シートヒーターは寒冷地では重宝する。しかし人工皮革はあまり寒さを感じない。どうしても欲しければ、次世代308か508を選ぼう。

プジョー308とボルボV40のシート比較 総合

シートの硬さ

2つのシートの乗り心地は、以上のような感想だ。

人工皮革は手触りがよく、体がズレにくい効果があるように思う。だから左右のサポートはもう少し控えめでも良いかな、と思うのがプジョー308のスポーツシートだ。

 

ボルボに比べればプジョーは硬く感じるのだが、ドイツ車よりは硬くない。

フォルクスワーゲンとメルセデスの本皮シートに乗ったけれど、かなり硬かった。これで疲れないはウソだろうと感じていた。

本皮オンリーが欲しければV40だが

プジョー308には本皮シートの設定は無い。人工皮革になるのだが、この選択は正解だと思う。おかげでコシがあり、上質なソフト感覚を持ち合わせたシートになっている。良いシートだ。

さらにTECH PACK EDITIONは赤と青の2色のステッチが入る。オシャレ度では世界一なのではないか?自分で買ったものだからって、褒め過ぎだろうか。

 

デザインでの対抗馬は、ボルボでは「シティウィーブ」という2トンカラーのファブリックシートだ。どちらも最高グレードへのセッティングではないあたり、中間グレードの大事さがわかっているのだろう。

現代において、ファブリックシートは丈夫で快適だ。本皮は質感が良いのは認めるが、本皮一択になる必要は無いと感じる。

 

ボルボのシートはシート地が多岐に渡るが、どれも乗り味は同じだ。身体の固定も同じ。XC40が若干小さめに感じる程度で、それでも快適性は損なわれていない。

デザインも基本的に同じだ。シート地によって雰囲気が変わるので、インテリアデザインで満足の行くグレードを選べば問題は無いだろう。

お互いの悪いところ

ひとつ苦言を呈すと、プジョー308は眠たい時にシートを倒すことが出来ないのはいただけない。

その場合、308SWならラゲッジで寝ることになる(笑)なお、ボルボの8Wayシートの場合も、エンジンがかかっていないとシートが倒れない。かかっていたとしても、シートを倒すのには時間はかかる。

 

ボルボのシートは本当に疲れない、と言いたいが、V40のシートは腰は少し疲れた。座面の調整で直したいところだが、車内の高さが少ない為、あまり自由に設定できない。細かいところだが、この心配はボルボ車全般に言えることだ。

そこを考えると、ボルボのXCシリーズはシートだけを見れば、ボルボの中では最高の選択肢と言える。高さの自由度というのは、意外と影響があるものなのだ。

ヘッドレストの違い

最後に、フロントシートで決定的な違いを紹介する。

それは、ヘッドレストだ。プジョーのヘッドレストの表面形状は「凸」。ボルボの表面形状は「凹」だ。これはヘッドレストを多様する人には、大きな差になるはず。

ボルボで凹んだヘッドレストに慣れていた私は、プジョーの丸みのある形状には違和感が多かった。以前試乗したMINI CrossOverも、凸形状だった。どちらが世界標準化はわからないが、ヘッドレストはやはり、ボルボの形状が人の身体にはしっくり来るだろう。

プジョー308 ヘッドレスト

ボルボV40 フロントシート

プジョー308SW vs ボルボV40 比較結果

ボルボV40のシートは確かに良い。これは崩れない。

しかしプジョー308のスポーツシートもなかなか良い。空間デザインまで含めれば、高さ方向に余裕のあるプジョー308は、シートの調整幅にも余裕が効くのは、試乗してみればわかるはず。

そして長距離ドライブをしてみた限り、プジョー308はシートに対する不満は、肩口のサポートの強さだけだった。身長175cmを超えるようなら、まったく問題ないと見ていい。

最後は個人の主観になると思うのだが、私はプジョー308SWのシートを高く評価する・・・ボルボV40が90点に対し、プジョー308SWも90点。TECH PACK EDITIONのステッチの恩恵が大きく入っている事にご注意されたし(笑)

スポンサー・広告