【モーター・アーツ】VOLVO V40 妥協を捨てたコンパクト

性能の良いクルマがある。乗り心地の良いクルマがある。クルマが移動とは別のベクトルを持ち始めたのは、自動車創世記の開始直後。富裕層しか買えない時代から、庶民の買えるクルマの登場という時を経て、クルマの差別化が始まったと言って良いだろう。

 

ひとつのベクトルを突き詰めて成功したメーカー、失敗したメーカー、ターゲットを広げて、別の結果を得たメーカー。沢山の自動車会社が繁栄と衰退を繰り返し今に至るが、その在り方には相変わらず迷いがあり、利益が出ないがために売られたり、ベクトルの変更を余儀なくされる自動車会社は後を絶たない。

 

そのどれもが、時の経営陣の間違いなのか、時代に合わなかったのかは数多の理由があるだろうが、結果として会社の行方を小さく、強くと変えることになったのが、北欧の自動車会社、ボルボである。そして V40 こそ、その象徴となったクルマとして語り継がれるに違いない。

 

 

VOLVO V40

モーター・アーツ

 

 

「アーバン・ショート・ワゴン」。VOLVO V40を販売する上でボルボが名付けたキャッチフレーズ。ワゴンであってワゴンでない。今考えれば、なんとも中途半端なコンセプトのクルマだった。VOLVO C30 / S40 / V50 の3つのボディタイプを継承した、4名がしっかり乗れて荷物も程々に乗るコンパクトハッチバック。かつ、増えたボディバリエーションの削ぎ落とし。これがアーバン・ショート・ワゴンの実態だろう。

 

そのコンセプトが正義だったのかは不明である。すべての「リトル・ボルボ」愛好家をひとつに纏めたコンセプト・メイキングは、実用という点では疑問符のつく出来だった。だが、それはボルボの目指すことへの代償でもあったのだ。

 

「安全性」と「デザイン」との融合。

 

ハッチバックよりも少し多いラゲッジ・スペースは、後部からの衝突安全性能の向上の為だ。エンジンをミニマムにしつつある中での長いボンネットも、オフセット衝突安全性能の強化、そして世界初の歩行者用エアバッグの実用化の為。

 

これらの無骨な安全性能を詰め込みつつ、エレガントなアスリートに仕立て上げる。世界に類を見ず、今も追従がされない VOLVO V40 は、世界の誰もが目指さなかったものを得たクルマだったのだ。

 

ボルボV40と桜

 

VOLVO V40 Inscription
VOLVO V40 全長 4,370 mm x 全幅 1,800 mm x 全高 1,440 mm 写真は、D4 Inscription。メッキパーツの使用やエレガントなホイールにより、独特の高級感を醸し出すコンパクトハッチバック。継承車不在の中、ボルボの次の一手はどうなるか。

 

VOLVO V40 D4
VOLVO V40 D4 Momentum。スポーティなルックスを身にまといながらも、少し質素なインテリアでエントリーから中間グレードを担う。T3 Inscription と価格が同じなので迷う人も多かった。

 

VOLVO V40 ビーナスライン

 

VOLVO V40 アマゾンブルー
限定色のアマゾンブルーを身にまとう、VOLVO V40 T2 Kinetic。300万円を切るグレードとして登場したが、安全装備は上位グレードと差別化されなかった。

 

シンプルな面構成と、躍動感あるエッジの絶妙なバランス。見る角度によって新しさを感じる3Dマテリアル。昔の車にルーツを持つというデザイン処理は、過去の栄光にすがるのではなく、今までの道に感謝を表すだけのもの。「私はあなたのお陰で素晴らしい車になりました」、よりも一歩先、「あなたのエッセンスを取り入れて、あなたを超える車になりました。」

 

全ては、現代のボルボの開発者による、自画自賛。でなければ、素晴らしいプロダクトは生まれない。自分達が良いと信じるものを作り、好きだと言った人だけ買う。それはエゴかも知れないけれど、ユーザー目線と高らかに言う媚びた車に比べれば、愛すべきクルマだったのではなかろうか。

 

ただし、本気を出しすぎてユーザーを全く見ないのも、またボルボそのものなのではあるのだが。

 

ボルボV40インテリア フロントパネル
人のかたちを模したアイコンはまだしも、ガラケーのような数字+アルファベットのキーが鎮座する。とても読みづらく、クルマを止めての操作を余儀なくされる。

 

ボルボが使いやすいと言って諦めなかった、ダッシュボードの操作パネル。新世代ボルボから始まった液晶パネルへの集約により、ようやく無くなることになる。その最後のモデルが VOLVO V40。北欧デザインが成したものと力説したにもかかわらず。だが、それこそボルボが、その都度その時代の最高傑作を求めていたことの証だろう。

 

ひとつひとつ、愛されて、傷つけて、その先を目指す。買い手側の心の広さをも試される。それが北欧なのだろうか?

 

ボルボV40インテリア コックピット

 

ボルボV40の車内
黒と白のツートン内装にも種類がある。写真はInscriptionのクリスタルホワイトパール外装に付属の、ブロンド・チャコール・インテリア。このクルマを中古で探すのは難しいことだろう。

 

ボルボV40インテリア ドアスイッチ

 

ボルボV40インテリア harman/kardon
Inscriptionに付属する、harman/kardonサウンドシステム。650W / 10 スピーカーは小さな室内には過剰。だが、そこが良い。

 

ボルボV40のフロントシートイメージ
Momentum 専用の、T-TEC/テキスタイルコンビネーションシート。身体に触れるところはファブリックで快適、手に触れるところは革で高級感を演出。このシートが欲しくて Momentum を選ぶ人もいた。

 

ボルボV40のコックピット

 

ボルボV40 Momentum リアシート
リアシートは、フロントシートに比べると中央寄り。サイドからの衝突安全性と居住空間の適正化の為なのだが、これがわかるのはシートからドアまでの距離。寄っかかるには少し遠いのだ。

 

その理不尽を超えて得られるものが大きいのも、ボルボである。Cセグメントではクラス最高と言える逸品インテリアは、V40、V40クロスカントリーという兄弟モデル、そしてグレード毎で分けている。そこにコストをかけるから、収益が上がらないんだと言われそうだが、この「癖」は最新ボルボでも変わらない。これがアイデンティティと言うのだろう。

 

きっと彼らは譲れないんだ。例えコストがかかろうとも、語る必要のないくらいに素晴らしいフロントシートも、インテリアデザインも、貫かなければボルボでなくなることを、わかっているに違いない。妥協を忘れた開発こそが、VOLVO V40のモーター・アーツ。コンパクトであるが故の、コストと品質との闘いを、敢えて自ら捨て去ったのだ。

 

やはり、ボルボはC40でお茶を濁さず、リトルボルボを開発して欲しい。世界一安全で、世界一美しいファミリーカーの称号は、ボルボにしか似合わない。

 

ボルボのレーダー

 

 

 

 

原村とV40
私の愛車だった V40 D4 Momentum との最後のドライブでの一枚。リアシートに中学生を乗せるには、いささか小さいクルマだったことは否めない。

 

VOLVO V40 の開発途中に、吉利汽車資本への転換が行われた。潤沢な資本と巧みな経営手法(自動車開発には口を出さない、という、ボルボに最大の敬意を払った点)により、新生ボルボはより高級なラインナップへ移行。VOLVO V40 はその過渡期の作品で、この時代のボルボ車はみな、価格にしても後継にしても、賛否の渦にさらされた。

 

だが、シートに座った時の、ステアリングを握りしめた時の、クルマから感じる独特の暖かさや安心感は今も昔も変わらない。ボルボユーザーがボルボから離れがたいのは、車格がどうだとか価格がどうだとかの理由ではなく、他では得られない味わいが忘れられないからである。

 

その乗り味を、メーカー自ら忘れることがない限り、沢山のクルマを触り、年老いた最後の贅沢に、ボルボという選択肢はきっと残るに違いない。