プジョー 308SW ラゲッジスペースが大活躍だ!

ステーション・ワゴンといえば、広大なラゲッジスペースが魅力です。

 

運動性能が高く、ひらりひらりと舞うように走るプジョーのハッチバック 308 ではなく、あえてロングホイールベースの 308SW を選ぶとなれば、ラゲッジスペースはしっかりと使い込みたいものですよね。

 

ホイールベースの拡大によりもたらされる恩恵。この春〜夏に大活躍だった、308SW のラゲッジスペースの活躍を紹介しちゃいます。

peugeot308SW リア

Peugeot 308SW ラゲッジスペースの使い勝手

ベニヤ板が乗るほどの広大さ

ベニヤ板が乗る車がほしい。そう言ったのは、我が家が DIY をするから。趣味と言えるほど素晴らしいものではないのだけれど、家具は簡単なものなら自作しちゃう。

 

イケアの家具は可愛く、きれいで、安いけれど、自分でつくる家具はそれはそれで楽しいもの。木材でつくっちゃえば捨てるときも切るだけだから、お部屋のリフォームも楽らく、引っ越しも楽らく。

 

ベニヤ板は 1820 mm x 910 mm のサイズが多く、これが入るクルマというのは、実は中々なかったりする。プジョーは 508SW も 308SW もしっかり乗るから、安心だね!(何が?)

 

peugeot 308SW ラゲッジルームにベニヤ板を載せる

 

汚れ対策をしておこう

ところで、ベニヤ板なんぞ載せてしまうと、やっぱり気になるのが汚れです。

 

ベニヤ板を置いてみると、ラゲッジスペースのマットにはどうしても汚れがつく。汚いものではないのだけれど、指に刺さると痛い「とげ」みたいなものだから、できるだけマット部分には置きたくない。

 

他にも、雨の日には傘を入れるし、何かと汚れ仕事が多いのがステーションワゴンのラゲッジスペース。

 

peugeot 308SW ラゲッジルームに乗せたベニヤ板の木屑

 

こいつは少し可愛そう。そこで、イケアでたまたま目に止まったのがこれ。

 

peugeot 308SW ラゲッジ用マット

 

「LURVIG」という商品。イケア番号 804.632.04 (笑)

 

ペット用のマットで、 1500 mm x 1000 mm と、少しベニヤ板には長さ方向で届かないけど、大部分の汚れをカバーできる。デザインもオシャレだし、気に入っております(^^)

 

子供を学校に迎えにいったりすると、汚いカバンや汗だらけのジャージなんて載せられちゃうし。今後は車中泊とかもしたいし、汚いところで寝るのは嫌だよね。

 

こいつを敷いておけば、汚れ物を載せても気にならないし、寝るときには簡単に畳めて便利だぞ。

 

peugeot 308SW ラゲッジ用マット

スポンサーリンク

引っ越しで頑張った 308SW くん

なんていう気配りをする余裕もなく、春から梅雨にかけては忙しく働いてもらった、プジョー 308SW のラゲッジスペース。

 

【まこまち家を売る その0】人生の節目 移住計画を実行に移しますでお話したとおり、カフェ開業の夢に向けて不動産売却した我が家。実は、引っ越しは業者に頼まず、308SWをフル活用して「自前引っ越し」を試みました。

 

唯一「洗濯機」だけは赤帽さんに頼んで運んでもらいましたが、他はすべて 308SW に載せてのお引越し。13〜14往復したかなぁ?詳しくは家を売るシリーズで話しますけど、大活躍だったことには変わりない!

 

peugeot 308SW に荷物満載

 

ヘトヘトになったことにも、変わりない!(*´Д`*)

 

ステーション・ワゴンのラゲッジスペースは大したもので、思ったよりも荷物が積める。我が家は押入れ収納を多様していて、奥行き 740 mm の「Fits 天馬」というものを使っているけど、こいつが合計8つ積める。

 

日頃から押入れ収納しか使わない人生を送っていれば、簡単に 308SW に乗せて引っ越すことができるのである!

 

・・・人生そんなに上手くはできない・・・DIYで作った家具に入れている分とか、食器棚に入っていた諸々は、しっかりダンボールに詰めて運びます。次はしっかり、引越し業者に頼もうかね。

 

エアコン室外機も乗ってしまう大きなラゲッジスペース

308SW のラゲッジスペースですごいところ。ほんと、色々なものを載せられます。

 

長尺物で細いものは 2m を超えても載せられる。フロントシートの間に食い込ませて載せられるから、DIYで必要な柱部材もしっかり載せられます。

 

peugeot 308SWは長尺物も得意

 

エアコン室外機も載せられる。なぜ室外機を?って思うかもしれないけれど、エアコンを処分するとき、市区町村の定めるリサイクル業者へ渡す必要があるんです。1台950円とリーズナブルではあるのだけれど、持っていくのは自前になる。

 

しかし、下駄付きの状態でも、室外機を乗せることができちゃいました。しかも2セット!

 

308SWにエアコン室外機を2台搭載

 

大活躍のプジョー 308SW くんのラゲッジスペースでした!

 

Peugeot 308SW ラゲッジスペース機能一覧

ラゲッジルーム側についている機能をまとめておきます。気づいていない人は居ないはず。

機能 特徴
トノカバー 目隠し。ティンテッドガラスのおかげで室内は見づらくなっているけど、気になる方はつけておこう。私もいつも、つけてます。
リアシート折りたたみレバー ラゲッジルームからのアクセスで、ワンタッチでリアシートをたためる機能。あると無いとでは雲泥の差。
12Vアクセサリーソケット リアにカメラを置く時に使えるね。
固定リング 荷物を固定するアクセサリ用のレール。便利そうだけど、使ったことがありません。
脱着式小物入れ 左右にあるやつ。最近はコンビニ袋を大事にここに保存しています(笑)
ラゲッジランプ ペカーと光る。

 

peugeot 308 輝くTECHPACKエンブレム

誇らしい働きをしてくれた、Peugeot 308SW に感謝。良心あふれる機能の数々。ありがたいね。

 

あとがき

本当なら、旅行のお土産もたっぷり載せられる 308SW だとか、キャンプ道具がコンナにはいるぜ!とかも出したいけれど、まだ旅行もキャンプも行っておりませんので、ね(^^;)

 

使い勝手がよくって、走りもよくってで、どんどん惚れ込んでいく Peugeot 308SW。荷物を沢山いれても、燃費がいい。良いとこずくめ。次期型にEVが出るのなら、乗り換えするかもね。

 

いや、小型EV + 小型トラックでも良いよね、田舎でクルマ2台持ち、良いよねー・・・とか考えても、e308SWが出てしまえばすべて実現できてしまうじゃない。ほんと、将来有望ですよね、この子!

 

peugeot 308SW とイケア

 

じゃんじゃん荷物を積んで、ステーション・ワゴンが本来持つ機能をとことん使いまくる。それでいて居住スペースも広げる 308SW は、ユーザー目線に立ちまくりのナイス・ガイ。

 

楽しいワゴン生活。やはり辞められませんね!

スポンサー・広告