【ボルボ買取体験記】大手買取専門店の場合

プジョーに赴いて。

在庫探してもらっているうちに、3008を見て。

プジョー 3008サイド

508に触って。

プジョー 508コックピット

サインして、シャンパンもらって。

いま、買取専門店2つ目にいる。

 

一見人の良い買取業者

大手買取業者とのやりとり

ボルボディーラーも経営している買取専門店からは、まだ価格の提示がなかった。プジョーディーラーの出した170万円は、それなりに高い買取価格なのだろう。

ディーラーの後でも良いから店舗に来て欲しいとお願いされた、二番目の買取専門店に来た。どのような結果になるだろうか。

 

買取2  すいません、お待たせしてしまいまして。急にお客様がいらっしゃったものですから。

 

丁寧に対応してくれる買取マン。ん、買取マンで、良いのだろうか?セールスとは違うしなあ。

 

買取2  いま査定しています。15分くらいで結果が出ると思いますので。中でお待ちください。

 

店内に入ると、中古リストを見ながらあれが良いこれが良いと話している。全国の中古車をオンラインで見れるわけだ。なるほど確かに、直売できるなら高値が出そうである。

テーブルの上の資料を読む。本社が東京の一等地丸にあるらしい。

へーって思う。

そんなのを自慢するのかと思う。

でも、効果のある客層もあるのだろう。私は東京一等地のビルよりも店の清掃具合を見るけれど。

 

悪評を吹き込むのは何故だろう

プジョーで商談中、結局買取1さんからは連絡がなかった。あえてこちらから連絡しないのは、有利な条件が出るかもしれないからだ。

ただ、時間があまりない。2店舗目の結果が出そうだ。

 

買取2  お待たせしてしまい申し訳ありません。

 

2回目の謝罪が来た。別に怒ってはいないが、約束通りの時間に応対ができなかったことを気にしている様子。

そういうの、大事だ。

 

買取2  次のお車は決まっているのですか?

まこまち さっき決めてきたんだ。そこのプジョーだよ。

買取2  プジョーさんですか。うちにも良く来ますよ。

 

何が来るのか?と思ったが、話の腰を折るのも面倒なので、そのまま流すことにした。

 

買取2  他で査定は受けられましたか?

まこまち プジョーで170万円でたんだ。もう一社は連絡待ちだよ。

買取2  どちらの買取店で?

まこまち ●●●だよ。

買取2  あー、そこ、連絡来ませんよ。今朝私が買取したお客様も、連絡が来なかったって言ってました。

 

ほら、はじまった。買取専門店名物、他社批判。ライバル会社を貶めるために、他社の文句を平然という。

違和感ないのだろうか?批判すればするほど、自分の見ていないところでこの人、こちらの批判をしているんだろうなと思われるではないか。

なので、煙ったい顔をして見せた。言っておくが、嫌いに人には売らないぞ。

 

まこまち あそこはボルボのディーラーも運営しているからね。そのままお店に流すって言っていたよ。

買取2  その手法、私たちが作り上げたものなんですよ。真似しているんですね。

 

なんだ、この人?

 

まこまち あまり待つのも嫌だし、買取1さんに電話してみるよ。

ボルボV40で紅葉ドライブ 原村と青空をローアングルで

スポンサーリンク

プラス10万円が出た!

買取1さんへ電話してみる。一応、他の買取店に行かない前提で話をしている。どちらが悪者なのか・・・と思うが、プラス10万円の為だ。使えるものは全て使おう。

 

買取1  すいませーん、連絡遅くなりまして。まだ出ていないんです!すぐに連絡しますので、もう少しお待ちください!

まこまち 下取りはキャンセルしたから、しっかりだして!

買取1  え!? 少々お待ちください!

 

軽く嘘をついた。

このあと、買取2さんの話を聞く。なんでも、査定後の価格を保証する制度があるという。価格は3万円だが、引き渡し時に査定中見つけられなかった傷などがあった場合でも、査定額を保証するらしい。

それって、査定に自身がないことを隠しているだけなのではないだろうか?あとで3万円引かれる気がしてならない。

 

しばらくして、携帯電話が鳴る。買取1さんからの連絡だ。

 

買取1 お待たせしました。精一杯で180万円でいかがでしょうか?

 

やった!と思う。しかし、これから買取2号さんに売り叩かないといけない。今すぐ家内に相談するから、少し待ってとお願いする。

さて、ラストの勝負をしようじゃないか。

 

キャンセルはできる?

まこまち 買取1さんからの結果が出たよ。買取2さんのほうはどう?

買取2  はい、こちらも査定額は出ました。ちなみに、もしも同じ額でしたら、買取1さんと私ども、どちらへ売っていただけますか?

まこまち 朝早く来てくれたしね、その場合は買取1さんに売りたいとは思っている。でも、いい値段出してくれるんでしょ?

買取2  だといいのですが、多分見ている情報は同じところなので、さほど変わらないと思います。

まこまち おいくら?

買取2  180万円です。

まこまち まったく同じ額だね。

買取2  そうですか・・でしたら、こういうのは如何でしょう?先ほど説明いたしました、買取額保証サービス。これをお付けします。3万円分の増額と捉えていただけると幸いなのですが。

 

少し「きな臭い」サービス。しかし、買取専門店に行き慣れていない私にとって、同じサービスが他社にあるのか検討もつかない。たしかに、査定額が確定するのは嬉しいことだ。買取2にいることだし、このままサインしてしまおうか。

と言おうとしたが、少し信頼するのにひっかかる。そこで質問を1つ投じた。

 

まこまち 念のためなんだけどさ、まだローンの仮申請中なんだ。まず通らないことは無いと思うんだけど。

買取2  え?ローン申請ですか?もう通っているんじゃないんですか?

まこまち まだだよ。契約して本審査を受けて、はじめてローン契約成立でしょ。

買取2  いえ、普通は契約時にはローン審査は終わっているはずですが。

まこまち それが、まだだって言っているんだよ。それでね、もしもローンが通らなかったら、今乗ってるボルボを手放すわけにはいかないじゃない。

買取2  そんな事、無いと思うんですけど。

まこまち 今日買取の契約をココでしてさ、ローンが通らなかった時、買取の契約は破棄できるの?

 

聞いた事ない、という顔をしている買取2さん。少し待ってくださいと事務所の奥に引っ込んだ。

すかさず、買取1へ連絡を入れる。同じ質問をしてみた。

 

買取1  その場合は、私から上司に説明します。

 

ひと安心だ。

しかし、買取2は強引だ。こちらの言う事に聞く耳を持たないのは何故だろう。これは選びたくないな。

 

どんどんケチがつく

買取2さんが戻ってきた。

買取2  やはり、契約をいただいたものは破棄できません。

まこまち そうすると、残念だけど今日は契約できないな。ローン審査が通ったら来るよ。

買取2  今日の価格は出ませんよ?

まこまち その時は、縁がなかったという事になるね。とにかく買取はお願いしないといけないけど、あなたの言う通りローンが通っていないか、はっきりさせないと売却できないよ。

買取2  私もディーラーに勤めた事があるんです。契約する時は、ローンの審査が通っているはずなんです。

まこまち だから、まだだって言っているじゃない。最悪はディーラーで下取りしてもらうよ。

 

目で合図する。

席を立つ家内と子供たち。

 

買取2  いや、おかしいですよー。大丈夫ですか、そのディーラー!

まこまち 何言ってんの?今日信頼関係をきづいてきたばかりだよ!

 

半ば強引に退却する。この買取店はケチがつきすぎた。

買取専門店1は、こちらの顔色を見て軌道修正した。買取専門店2は、私の心が通じなかった。同じ額を提示し、さらに有利になる商品を積み上げたにもかかわらず、契約を得る事ができなかった。

同じ買取額だとしても、気持ちよく売却したいものだ。それが人間である。

 

すぐに買取1さんへ連絡し、買取をお願いした。

書類の受け渡しから入金まで、何度も連絡をいただき、安心することができた。これで他社への批判がなければ最高だったのだが、今回はよしとしよう。

ボルボV40 D4 Momentum 3年車検直後での売却額は180万円。新車価格の46%で落ち着いた。

 

買取・下取り額
プジョー ディラー 170万円
ルノーディーラー 140万円
ボルボディーラー(1年前) 160万円
買取専門店1 180万円
買取専門店2 180万円

プジョー 308 フロント

買取反省会

むしろ最後はどのように離脱するか、という状況になってしまいましたが、自分の考えをしっかり伝え、相手からしっかりと納得のいく答えが出なかったのですから仕方ありません。

買取専門店2は、人当たりは良いのですが批判が多すぎました。これではイメージが下がる一方です。先客もずいぶん殺伐としていました。現金の出し入れなので、毎回駆け引きが絡み大変な職場なのでしょう。

隣の席では、36万円に1万円のせるかどうかの攻防戦。大変だ。

この雰囲気はなんとも言えません。査定は、店頭査定ではなく出張査定にしたほうがよさそうです。

 

査定額は先に確定しておく

買取販売店1さんからの連絡がなく、買取販売店2さんとの商談を進める事が難しくなりました。

査定額を聞いておけば、お店に入って雰囲気が悪かった時点で退却可能です。ここは反省しなくてはなりません。

時間はお金に変えられません。買取販売店2は、店舗到着〜退却まで、途中昼ごはんを食べに行っていたのは確かですが3時間ほどいました。もったいないことをしたなと思います。

反省:お店の雰囲気を素早くつかんで、逃げる時は逃げよう(笑)

 

まったく同じ額

先ほどと同じ理由ですが、買取1さんからの価格はこちらしか把握していませんので、もう少し上乗せしてみればよかったかもしれません。

つまり、

誤 まったく同じ額だね

正 185万円だね

ということです(笑)。途中からこの買取店の雰囲気の悪さを感じてはいましたが、最初は人当たりがよかった為、判断を間違えました。

反省:正直になりすぎないほうがいい

 

キャンセルに応じされるか確認

銀行系でのローンは、ディーラーに比べて手数料が安く済みます。

審査に時間はかかるのですが、手間を惜しまなければ銀行を使うのが手です。その場合、本審査は自動車の契約後になる事が多いでしょうから、キャンセルができるかどうかの確認はしておきましょう。

ディーラーでのローンだとしても、審査が通るのは即日でない場合もあります。心配な方は、ディーラーでしっかりと審査が通っているか確認してから、買取専門店でサインしましょう。

 

なお、キャンセルできるかどうかは、買取専門店の系列によります。事前に調べておけば、逃げる口実に使えるので抑えておきましょう(笑)

反省:逃げる口実を作っておこう(笑)

プジョー 308 フロント

あとがき

以上、買取2は最後はヒートアップしてしまいましたが、強引な買取を感じたので退去に舵を切りました。

やはり愛車は、例えば5万円ほどの差があったとしても、きもちよく売却できる相手をみつけたいですね。

ここまで悪評を重ねる買取販売店は初めてでした。わたしはもう使いません(笑)お読みいただき、ありがとうございました!

スポンサー・広告